「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

「親なき後問題」をどうするか?今すぐに考えた方がいい。|行政書士阿部総合事務所

対策をしていれば問題になることは少ない。

逆に対策をしていなければ、回復できないトラブルになる可能性もある。

それが、「親なき後問題」と呼ばれるもの。

例えば、知的障害や身体障害などの障がい者を子供に持つ親御さんが亡くなってしまったり、重篤な病に倒れてしまった時、お子さんの面倒を誰がみるのでしょうか。

親戚などが近くに住んでいれば、急場しのぎぐらいになるかもしれません。

しかし、その親戚にだって生活があります。

特にお子さんが小さいうちは、先の長い話しになります。

おいそれと養子縁組をしてくれる訳ではありませんし、肝心のお子さんのほうだって謂わば勝手に親代わりになっても困るでしょう。

お子さんが施設に入ってる場合には、その毎月の施設料は誰が支払うのでしょうか?

いろいろと問題が発生しそうです。

ところが、他の問題と違って、「親なき後問題」の場合には、問題と取るべき対策がある程度予測がつきます。

予測がつくということは、予め対応を考えることが出来るということです。

ただ、一般の方にとっては、それはなかなか大変かもしれません。

親御さんが資産家であったり、親戚関係が複雑であればあるほど事前に手当をしなければいけない事柄が増えてきます。

私たち専門家は、親御さんのこうした悩みについて、最適なプランを考えて実行します。

もちろん、最も優先すべきなのは、お子さんの幸福です。

この先の長い将来、輝かしい未来を残してあげるサポートをさせてください。

Return Top