「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

写真の絵作りの好き嫌いについて|行政書士阿部総合事務所

中学生の頃からカメラは好き。

初めて買ってもらったPENTAX MEスーパーは銀塩カメラだけれども今でも大切に保管している。

写真雑誌もよく読んでいたし、それなりの知識もある。

なので写真については一家言ある。

と言いたいところだけれど、実はそんなでもなくて。

大体の写真は、好き。

好きなカメラマンさんも何人かいる。

 

だけれども、どうにもこうにも作風が受け入れられないカメラマンがいるんだよなあ。

プロじゃないかもしれないけれど、アマチュアでもない。

いわゆるハイアマチュアなのかな。

撮影している場に居合わせたことがあるけれども、キャノンのフルサイズ。

 

ミュージシャンのスタジオ写真を後で見たのだけれど、何を思っているのか、顔面のアップばかりで意図的にゴーストを入れて、受ける印象はカメラマンの自己満。

ヤバい。

なんだこの写真、と思うのだけれど、あるタイプの方には受け入れられるらしく、音楽イベントで継続的に使ってもらっているらしい。

 

どうしてこういう絵作りするかなあと思うけれども感覚の問題かもしれないので仕方がない。

誤解していると思うんだよね。

写真。

 

解決支援コンサルタント野獣系行政書士阿部隆昭

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top