「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

最近マスクしている女性、多くないですか?『だてマスク』っていうそうです|行政書士阿部総合事務所

 
 
 
風邪っぽくないのにマスクをしている。
 
とか、
 
なんとなくマスクをしている女性って多いと思っていたのですが、『だてマスク』なんていう用語まであるんですね!
 
知りませんでした。
 
 
 
顔のパーツを隠すことで気持ちが落ち着く。
 
なんとなく分かります。
 
 
女性に流行ってる「だてマスク」という新たなファッション - NAVER まとめ女性に流行ってる「だてマスク」という新たなファッション – NAVER まとめ
 
 
 
全部出てない。
 
出ているのは唯一、目だけ。
 
 
以前参加してプレゼンテーションセミナーで、目以外を紙で隠し、目の表情だけで意思を伝えるというワークショップをやったことがあります。
 
まあ、確かに目の表情だけで、笑っているか、怒っているか、泣いているかぐらいは表すことは出来ますね。
 
 
 
顔以外の体の部分は、帽子をかぶったり、洋服を着たり、靴を履いたり。
 
オシャレ目的だったり、必要だったり、隠したかったり、なんだかんだいって肌の上に一枚重ねるのは別に普通。
 
でも、確かに顔だけはそうもいきません。
 
 
ましてや、身体の他の部分と違って、顔パーツは感情が表情として現れてしまう。
 
本当は身体の部分でもっとも隠すべきパーツだったのかもしれません。
 
 
 
だから自分をオープンにしたくない人にとってみたら、マスクをするのなんて当たり前。
 
それこそ靴を履いて出かけるがごとくマスクをかけるのでしょう。
 
 
 
思い出したのですが。
ちょっと前の話です。
 
会社が嫌で嫌で仕方がない子がいまして。
 
「なんで、マスクしてるん? 風邪?」
 
 
って言ったら。
 
 
「泣いているのを見られるのがイヤだから。してると落ち着くし、仕事中はずっとしてる」
 
 
と。
 
もうなんていうか、風邪のときのマスクの掛け方というよりも、下まぶたギリギリまで大きなマスクで顔を隠してましたからね。
 
マスクをすることによって、会社という社会を拒絶していたのでしょう。
 
 
 
 
しばらくぶりに会った彼女に「今日、マスクは?」と聞くと。
 
「あっ、もう辞めるの決まったので」と久々に明るい表情。
 
 
 

彼女をメンタル面で陰ながらサポートしてくれたマスク、ありがとう。

そして、サヨウナラ。

 
 
 
 
何か我慢しなければいけない状況がその人にあって、それがマスクをすることで乗り切ることが出来るなら、多少”変かも?”って思われてもしていたほうがいい。
 
『だてマスク』、全然いいですね。
 
 
 
 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top