「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

【ビザ申請】行政書士が取次をしてもダメなものはダメです|行政書士阿部総合事務所

ビザ申請でよくある誤解。

受入先企業や外国人本人が申請するよりも、行政書士が取次いだ申請のほうが許可されるのではないか?

 

行政書士が取り次ぎをしてもビザ申請が許可されやすくなるなんてことはないと考えています。

というのも、入国管理局の取り次ぎ資格を持っていても申請人は誰かというと外国人本人であったり、受入先企業であるから。

私もそうですが、取り次ぎ行政書士は、申請書を入管に提出している取次をしているだけに過ぎません。

もちろん、それなりに学習はしていますので、一般の方が申請するよりも精度の高い申請書作成をお手伝いすることは可能です。

だからといって、不許可案件が許可されるようなマジックの効果はないのが現実です。

 

ちょうど今の時期は就職が内定し在留資格変更手続きをされる事業者さんも多いと思いますが、この点だけ理解しておきますと徒に期待することがないと思いますよ。

どれだけ準備して申請に臨んでも、外国人本人の信ぴょう性で疑問符がつくとそれだけで不許可になってしまう例はザラにありますから。

解決支援コンサルタント野獣系行政書士阿部隆昭

 

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top