解決支援コンサルタント/行政書士阿部総合事務所

【外国人社員雇用Q&A】「雇用契約書に書いてあるから大丈夫」ではダメ!|行政書士阿部総合事務所

6a44e5b44d941b1acf9b6b5a705fa120_s

今回の「外国人社員雇用Q&A」は、外国人社員の採用に不慣れな会社が陥りやすいトラブルを採り上げます。

日本人と違って、外国人社員を採用する場合にはビザの手続が必要になります。

”ビザの変更手続きについては当然外国人は知っているだろう。”

という思い込みが企業の採用担当者にあることが多いのですが、これがトラブルの元。

 

外国人社員との面接の際は、ビザの変更等の手続きの関係で採用できない可能性があることをしっかりと伝えましょう。

 

外国人の入国管理は法務大臣の裁量事項です。

したがって、どれほど外国人社員採用の理由がしっかりしていても、不許可になる可能性は捨てきれません。

 

今回の外国人は大丈夫だと思い、外国人だからビザの不許可の可能性は知っているだろと期待して、曖昧にしていた結果、外国人は今のアパートを引き払い、会社近くのアパートに引っ越す準備をしてしまったというトラブル事例もあるのです。

”言った言わない”問題になるのを避けるために、雇用契約書や採用通知書にはその旨を記載するのはもちろんです。

ですが、当の外国人がその契約書の内容を読んでいないかもしれません。

もちろんその場合でも、「契約書に書いてあるじゃないか!」と主張することは可能なのですが、どうせならトラブルは予防したほうが良いですよね。

 

雇用契約書にシッカリ書いてあるから大丈夫

と思わずに、

外国人社員の気持ちになって暖かくフォローする姿勢が外国人社員雇用を成功させる秘訣だと言えるでしょう。

行政書士阿部総合事務所 行政書士阿部隆昭

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top