「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

【外国人社員雇用Q&A】外国人留学生の就職面接で最も大切なポイント|行政書士阿部総合事務所

018434aa464621668920a7ea591e5d13_s

外国人社員を採用する企業側としても、日本企業に就職する外国人留学生からみてもとても大切な問題です。

外国人留学生の就職面接で最も大切なポイントは、仕事の範囲を確認すること。

 

今までに会社勤めをした方でしたら分かると思いますが、日本企業に就職するときに、「あなたの仕事の範囲は●●です」といった感じで契約書等で確認しました?

しませんよね?

今の時代も変わらないと思いますが、私たちの時代も就職した企業で与えられる仕事は何でもするのが当たり前。それが志望動機と多少違っても、特に新人の下積み時代には拒否する自由もありませんし、将来の役に立つと思えば率先してムダ仕事も引き受けたものです。

ところが、外国人の場合はそうではないことが多い。

入社時に決めた仕事の範囲をキッチリと守り、それ以外の仕事をお願いしても「契約外だから」と思われる可能性があるのです。

仕事を拒否されて業務に差し支えが生じる、といった問題だったらまだ対処のしようがあります。

が、多くの場合、外国人は仕事の範囲外だと思っていても仕事をやってはくれます。しかしそれが、日本人社員に対する不信感増大の火種になるのです。

 

 

d8489c213ad00187df0bbbf94ca2c010_s

外国人社員といっても、国籍や在留資格の違いがあるだけで一緒に働く仲間としては日本人社員と全く同じ。

どうせ仕事をするのであれば社員全員が気持ちよく働くのが理想ですよね。

だからこそ、一般に外国人社員の方が気にかけるとされている「仕事の範囲」は最初の就職面接の段階で明らかにしておくのが大切なのです。

先日開催された日本語学校での外国人留学生を対象として「就活相談会」でも、仕事の範囲の確認は伝えました。

もちろんですが、仕事の範囲を確認したからといって、その外国人留学生の面接での印象がわるくなることはないです。

採用する日本企業にとっても、トラブルの火種は小さいうちに摘み取っておきたいはずです。

 

外国人社員を採用する日本企業の採用担当者は、外国人留学生に入社後の仕事の範囲を確認してみてください。

日本企業に就職する外国人留学生は、面接の際に、自分が任されることになる仕事の範囲を確認してみてくださいね。

 

解決支援コンサルタント 行政書士阿部隆昭

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top