解決支援コンサルタント/行政書士阿部総合事務所

えっ?!読んでもらうための工夫?、「オンラインショップの利用規約」の定め方のコツ|行政書士阿部総合事務所

f5fe3218397f09d9f87033c91116c505_s

オンラインショップで商品やサービスを購入したことがある方でこのような経験はありませんか?

読んでもいないのに「利用規約に同意する」にチェックして購入してしまったこと。

一度も利用規約なんて見たこと無い!

といった方も多いでしょう。

 

オンラインショップの利用者は利用規約を読まない

という前提でオンラインショップの利用規約を定めることが大切になります。

具体的には、WEBサイト上に利用規約をただ置いているだけではなく、利用者に読んでもらうための工夫が必要になるわけです。

 

029145721d1eb58cd493c525d6f79bc7_s

読んでくれない利用者に利用規約を読んでもらうための工夫とは?

 

ある企業様からオンラインショップ利用規約の相談を受けた際には、このようにアドバイスをしました。

単に「利用規約に同意する」ボタンを設置するだけではなく、【利用規約全体の同意ボタン】と、【大切な条項を個別に同意した旨のチェックボタン】も用意する

同意して欲しい個別の条項とは業種業態によって異なるのですが、例えば以下のようなものです。

1.申込者が20歳以上であることの同意
未成年であることを理由した取り消し(民法第5条第1項、同条2項)を防止する意味と、未成年への販売が相応しくない、あるいは法律上禁止されている商品・サービスの確認など、様々な用途があります。

2.登録した情報が虚偽でなく、他人のものではないことへの同意
生年月日をわざとごまかして登録したり、他人になりすまして登録するなどの悪質な行為ではないことの再確認の意味があります。

 

以上はほんの一例ですが、読んでいないであろう利用規約の全体を同意してもらうよりも、これだけは読んでおいて欲しい(本当は全部読んでもらわないとダメなのですが)部分を目に見える形にすることが大切なのです。

無用なトラブルを避ける意味でも、これからオンラインショップを始めようとする方は是非参考になさってください。

解決支援コンサルタント 行政書士阿部隆昭

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top