「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

【好きを仕事にする方法6】「好きを仕事に」するのにお金がかかる場合の対策2パターン|行政書士阿部総合事務所

例えば、飲食店を開業しようと思っている。

不動産業者として新規開業したい。

その人の「好きを仕事に」するのにお金がかかる場合がありますよね。

レストランやカフェ、居酒屋などの飲食店を始めるときは、ほとんどの場合、飲食店の開業場所を借りなければなりません。

実家がレストランをやっている、そういった恵まれた状況の方は滅多にいませんよね。

なので、物件を借りる必要があるわけです。

借りるにあたっては、内装を新しくしたり、椅子やテーブルを新しくする必要も場合によってあるでしょう。

物件を借りる場合、内装を新しくする場合、新しく椅子を購入する場合、みんなお金がかかります。

数百万円から1000万円、2000万円程度のお金が必要なのが普通。

 

開業時にそれだけのお金を貯めていれば良いのですが、なかなかそうも行きませんよね。

1000万円の貯金が出来たので、満をじして開業、といった場合でなければ、二つの方法を執る必要があるでしょう。

 

かかるお金を減らす。

足りない分のお金を借りる。

 

内装にかかるお金を節約したり、同業の仲間から椅子やテーブルを譲ってもらったり、と行政書士阿部総合事務所がご支援している事業者様も色々と工夫して開業まで進めています。

 

もう一つの方法。

足りない分のお金を借りる。

お金を借りる場合にはいくつかのパターンがありまして。

日本政策金融公庫の創業融資や、自治体の制度融資、民間のプロパー融資など。

 

好きを仕事に!コンサルタントの弊所では、創業時の資金調達(創業融資や創業補助金)のご支援をしています。

 

 

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は1時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top