「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

成年被後見人がする遺言、要件が厳しいので実際のところは|行政書士阿部総合事務所

成年被後見人の意思能力は、常に欠く状況にある方です。

そのような状態にある場合でも、民法の定める一定の要件を満足することにより遺言をすることが可能になります。

 

成年被後見人は遺言ができるのでしょうか?

 

通常の遺言と比べるとかなりハードルは高いことにはなりますが、ノーマライゼーションや自己決定権の尊重といった理念からすれば道筋を残しておくことがその理念にかなっていることになるのでしょう。

 

 

 
相続・遺言・遺産分割成年後見入管手続・外国人登録許認可関係契約書・離婚協議書セミナー講師ファイナンシャルプランニングなら東京都北区の行政書士阿部総合事務所へ

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top