「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

【10%値引、少な!】分かります、でも「利益」はこんなに減っているんですよ!|行政書士阿部総合事務所

 

今の時代、割引で商品を購入するのは当たり前。

30%引き、40%引きなんて珍しくない。

家電量販店に行けば、割引ではない商品を見つけるのも苦労するほど。

物品を販売しない、役務供給型の私たち専門家の世界でも、割引価格でサービスを提供することもあるでしょう。

さすがに、30%引きなんてしている専門家の事務所はないと思いますが。

 

30%引きに慣れてしまった私たち消費者からすると、

なんだ10%しか引かないのか?!

と思ってしまうときもありますよね。

 

でも、値引きと利益との関係を知ったら、皆さん驚きますよ。

 

「値引き」と「利益」との関係は?

 

【商品】

定価 4,000円

原価 1,200円

販促費 840円

予想される利益 1,960円

 

定価で販売すると1,960円の利益が出る商品があります。

それを10%値引きで販売するとどうなるでしょうか?

 

 

値引きをしても、原価と販促費は変わらない

値引きをしても、原価と販促費はどうなりますか?

定価を安くしたからといって、原価も下がるということは?

ありませんよね。

同じく販促費も変わりません。

その商品の販売促進のためにかけた費用は同じだからです。

その状況で定価を10%値引きして販売します。

 

10%値引きすると、利益はこれほど減る!!

売値4,000円を10%引きの3,600円で販売します。

原価と販促費は、定価4,000円で販売したときと変わりません。

 

売値 3,600円

原価 1,200円

販促費 840円

予想される利益 1,560円

 

計算してみます。

1,560円÷1,960円×100=80%(四捨五入)

100%-80%=20%

 

10%値引きをすると、利益が20%減ってしまう!

 

10%値引きでも、その商品を販売している側の利益は20%も減っているんです!!

購入している私たちにも生活があるのと同じように、販売している側にも生活があります。

販売している側の利益は、販売している人の家族の生活の原資になっているわけです。

もちろん、販売しているのは会社組織でも、利益をその構成員に分配している以上、同じです。

 

 

 

10%引きかぁ

もうちょっと引いてくれよ

 

って思わないでくださいね。

 

いや、思って頂いても良いのですが。。。

 

売っている側に様々な事情があるにしろ、それなりの覚悟のうえで販売価格を10%引きにしているのです。

もしもあなたの買う商品が10%引きになっているとしたら。

 

利益が20%引きになっても、同じサービス・商品を提供してくれるんだ、とご理解くださるととても嬉しいわけです。

 

いつも当事務所をご利用いただきありがとうございますm(_ _)m

行政書士阿部総合事務所

行政書士阿部隆昭

 

行政書士阿部隆昭プロフィール | 行政書士阿部総合事務所行政書士阿部隆昭プロフィール | 行政書士阿部総合事務所

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は1時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top