「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

僕が子供の頃に縫った「カード入れ」が「職印入れ」にピッタリだった|行政書士阿部総合事務所

 

 

手芸が好きだった母親の影響で、僕も何かとお手伝いするようになり、端布を利用してミシンで小物を作ってみたり、編み機でマフラーを編んだりしていました。

 

↓子供の頃にミシンで縫ったカード入れを、今は外に持ち出すときの行政書士の印鑑入れにしています。

 

牛革で出来たものが確か市販されていると思ってお店をまわったのですが、ちょうどいいものが無くて。

で、何かないかなって引き出しを探っていたら見つかりました。

 

これ、ちょうどいい大きさかもって思ったら、ほんとぴったりで。

 

 

でも、これって、ふたが閉まらないんですね。

開きっぱなし。

今、あらためてみると、結構、上手に作ってあって、当時の自分スゴイ!と思ったり。

 

 

こんな風に折って、袋に入れているので、印鑑が飛び出ちゃっていることはありません。

 

確か、テレホンカード入れか、診察券入れとかで作ったと思うのですが、まさかこうして今の仕事の役に立つとは思わなかったです。

 

この世を去って、6年ほどですが、こうして縁のあるものが身近にあるのは、うん、なんだか安心します。

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top