Read Article

行政書士あべせんせーチャンネル

【実は多くの事業者が当てはまる】事実上、補助金申請が不可能な事例|行政書士阿部総合事務所

コロナの影響もあり、創業時に予定していた事業から大きく事業転換している、そうしようと考えている経営者にお会いした。

「うちの事業でなんとか補助金をもらえないか?」

ヒアリングすると、いくつかの事業を想定しているらしい。

想定するのは結構なのですが、ほぼ空想・妄想の世界から脱していないことがわかった。

 

これが、ああだったら、儲かるのにな

 

この状態では、もちろん、補助金申請などは到底できない。

理由はシンプルで、事業の具体性がすこしもないから。

 

その事業を始めるには、いくらかかるのか?

どのような人材が必要なのか?

仕組みはどう作るのか?

 

取り組みたい事業によって、ヒアリング事項は様々。

 

なのですが、妄想・空想の世界にいらっしゃる方に、この状況では補助金は申請できないです、と申し上げてもほとんどの場合、それがご理解頂けない。

 

「お金がないと事業が出来ませんよね?!そのための補助金でしょう」

 

まあまあ、言わんとしていることは分かるのですが、補助金の性質としてはそもそもそうなっていない。

 

「補助」という文字がそう思わせるのか?、”そうだったらいいのにな”という思いがそうさせるのか

 

補助金に取り組みたい場合には、まずは事業計画を作り込みましょう。

具体的な事業計画こそが、補助金採択の最短ルートです。

 

行政書士阿部隆昭

 

 

 

 

 

Return Top