外国人雇用と資金調達に強い行政書士阿部総合事務所

平成30年度補正予算「ものづくり補助金」の機械装置の仕入先は提携企業でも良いのか?|行政書士阿部総合事務所

平成30年度補正予算のものづくり補助金も4月を超えたことで企業側の意識も高まっていると感じます。

ものづくり補助金の申請代行をご支援している行政書士阿部総合事務所も、すでに10件を超える事業者の支援を行っています。

今回は事業者様からよく聞かれる質問を。

 

ものづくり補助金の定番パターンは大型の機械装置を導入するための費用を補助するもの。

 

資本が入っている関連企業を持っている場合、そこから仕入れをしたいのが事業者としては当然の考え。

ではありますが、ものづくり補助金の場合は、対象経費である機械装置費の機械は関連企業からの購入はNGとされています。

 

考えてみればわかる事ですよね。

購入資金が還流しますから。

購入資金には、一部、税金である補助金が含まれます。

 

という事で当然のようにNG。

 

状況によって結論は多少修正されますので、個社様が実際に補助金申請に取り組む場合には、必ず補助金事務局に確認してください。

行政書士阿部隆昭

 

 

 

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は1時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876