「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

「エンディングノート」自分史とメッセージはどっちが優先?|行政書士阿部総合事務所

 

エンディングノートには財産と人との関係を整理する機能の他に、自分史やメッセージを伝える機能があります。

 

先日、自分史に関する記事を書きました。

自分史の書き方|週末相続ノート|行政書士阿部総合事務所 | 週末相続ノート | 週末相続トレーナー|行政書士阿部総合事務所|東京都北区自分史の書き方|週末相続ノート|行政書士阿部総合事務所 | 週末相続ノート | 週末相続トレーナー|行政書士阿部総合事務所|東京都北区

 

伝えたかったのは自分史をしっかりと書こうと思ったらとても時間がかかるもの。

だから、他に優先するものを先に書いて、その後でゆっくりと自分史を認めればよいのでは?

といった提案も含んでいます。

 

エンディングノートには、「メッセージ」を書く人も多いですよね。

 

「兄弟仲良く元気に暮らせ」、ではありませんが、昨日記事にした遺訓めいたものを書く方もいらっしゃいます。

「遺言」と「遺訓」とは違うもの|行政書士阿部総合事務所 | セミナー | 週末相続トレーナー|行政書士阿部総合事務所|東京都北区「遺言」と「遺訓」とは違うもの|行政書士阿部総合事務所 | セミナー | 週末相続トレーナー|行政書士阿部総合事務所|東京都北区

 

 

自分史とメッセージに共通して言えることがあります。

それは。

 

「自分史」も「メッセージ」も、エンディングノートを書くその人本人でなければ書けない

 

自分史は自分の歴史に他ならないので、本人より詳しく書ける人はこの世におりません。

自分だからわかることを書くのが自分史ですから。

 

そして、メッセージ。

メッセージは、自分の想いを誰かに、伝わって欲しい人に書き残すもの。

なので、当然、誰か第三者が本人に代わって書くといったことでももちろんありません。

 

このように、自分史もメッセージも、本人しか書けないという点では同じです。

 

では、自分史とメッセージとは決定的に違う面も実はあるのです。

それは。

 

自分史は、自分に向いて発信するもの。

メッセージは、相手に向いて発信するもの。

 

例外的に自分史を自費出版される人もいらっしゃいますが、自分史を書くほとんどの方は今までの自分をまとめるためや、思い出に浸るために自分史を書きます。

自分の歴史を自分が再確認する作業が自分史を書くといってもいいでしょう。

なので、自分史は、自分に向いて発信するものだといえるのです。

 

対して、メッセージはどうでしょう?

 

自分に対してメッセージということも、無くはないでしょうけど、メッセージというときは伝えたい相手が頭のなかに浮かんでいますよね。

エンディングノートにメッセージを書くということは、「エンディング」の場面だからこそ伝えたいことや、伝わって欲しい相手がそこにいるわけです。

その意味で、エンディングノートに書くメッセージは相手に向いて発信するものなのです。

 

 

自分史とメッセージは、本人にしか書けないという点では同じ。

自分史とメッセージは、誰に向かって発信しているかという点では違う。

 

この辺りを意識してエンディングノートを書くと、上手なエンディングノートに仕上がると思います。

 

10月に開催する『週末相続ノート塾』ではこの辺りをもっと詳しくお伝えする予定です。

 

初回限定参加費0円!『週末相続ノート塾』開催します|行政書士阿部総合事務所

 

初回限定参加費0円!『週末相続ノート塾』開催します|行政書士阿部総合事務所 | セミナー | 週末相続トレーナー|行政書士阿部総合事務所|東京都北区初回限定参加費0円!『週末相続ノート塾』開催します|行政書士阿部総合事務所 | セミナー | 週末相続トレーナー|行政書士阿部総合事務所|東京都北区

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top