「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

そのエンディングノートの「差別化」は消費者のためになっているか?|行政書士阿部総合事務所

 

例えば、エンディングノートの差別化といったら何が考えられるだろう。

これからエンディングノートをリリースするとして、既に存在しているものと差別化をしなければならない。

もちろんそうですね。

 

気をつけなければいけないのは、

その差別化はユーザーのためになっているのか?

 

もっとも分かりやすいエンディングノートの差別化は外見に手を入れること。

著しく高額のエンディングノートがあったとして。

高額でることを根拠付けるためには、高級革素材を使ったとしよう。

紙も不必要なほど上質のものを使用する。

金額だけをみると、あまりに高額であるということで差別化がされている。

これは、分かりやすい!

ニュースリリースにも取り上げられやすいだろう。

 

でも、考えみて欲しい。

この差別化って消費者のほうを向いているだろうか?

単なるメーカー側の話題作りではないだろうか。

 

エンディングノートの性質から考えて不必要な差別化がなされていないだろうか?

 

私が「週末相続ノート」を作ったときにも、差別化はもちろん考えました。

既存の(今でも状況はそうですが)エンディングノートは穴埋め式がほとんど。

財産がない方はページのほとんどがスカスカの寂しいエンディングノートになってしまうし、財産がある人はページが足らずに書ききることが出来ない。

そのどちらもエンディングノートを完成される妨げになります。

 

エンディングノートは完成してこそ意味がある。

 

にも、かかわらず、完成してもらう方向に作られていないのはどういうことか?

間違った差別化がなされていないか?

消費者にとって不必要な差別化がなされていない?

誰のための差別化なのか?

 

エンディングノートを作る側は、この視点を欠いては絶対に良いエンディングノートを作ることができない。

数あるエンディングノートから一冊を選ぼうとしたとき、消費者の皆様は考えに考え抜いて選んで欲しいと思います。

 

簡単に書けるエンディングノートがいいですか?、後から困らないエンディングノートがいいですか?|行政書士阿部総合事務所 | 働き方・生き方 | 週末相続トレーナー|行政書士阿部総合事務所|東京都北区赤羽簡単に書けるエンディングノートがいいですか?、後から困らないエンディングノートがいいですか?|行政書士阿部総合事務所 | 働き方・生き方 | 週末相続トレーナー|行政書士阿部総合事務所|東京都北区赤羽

 

『週末相続ノート』 いつかは自分の財産と人の関係を整理しなければならない|行政書士阿部総合事務所 | 週末相続ノート | 週末相続トレーナー|行政書士阿部総合事務所|東京都北区赤羽『週末相続ノート』 いつかは自分の財産と人の関係を整理しなければならない|行政書士阿部総合事務所 | 週末相続ノート | 週末相続トレーナー|行政書士阿部総合事務所|東京都北区赤羽

 

なぜ従来のエンディングノートではなく『週末相続ノート』なのか|行政書士阿部総合事務所 | 働き方・生き方 | 週末相続トレーナー|行政書士阿部総合事務所|東京都北区赤羽なぜ従来のエンディングノートではなく『週末相続ノート』なのか|行政書士阿部総合事務所 | 働き方・生き方 | 週末相続トレーナー|行政書士阿部総合事務所|東京都北区赤羽

 

 

 

 

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top