外国人雇用と資金調達に強い行政書士阿部総合事務所

ここまでは知らなかった!外国人従業員が退職する場合にはコレも外国人に伝えてあげてくださいね|行政書士阿部総合事務所

ここまでは知らなかった!外国人従業員が退職する場合にはコレも外国人に伝えてあげてくださいね|行政書士阿部総合事務所

外国人労働者が退職する場合の手続きは日本人労働者の退職手続きとほとんど変わりはありません。 退職する労働者は、使用者に対して退職証明書の交付を請求できることや、賃金の支払い請求できる点も日本人労働者と同様です。 また、外国人であることを理由として退職金の支払いを拒むことももちろん出来ません。   基本的には日本人と同...

入国管理局申請取次行政書士にビザ申請を依頼するメリット|行政書士阿部総合事務所

入国管理局申請取次行政書士にビザ申請を依頼するメリット|行政書士阿部総合事務所

行政書士阿部総合事務所は、東京入国管理局申請取次行政書士として外国人労働者の就労ビザの取得申請等、様々な支援を行なっています。 ビザ申請は、申請取次行政書士に依頼しなくても、申請人である外国人本人やその代理人等も申請ができます。 ですが、申請取次行政書士にビザ申請を依頼するとメリットはたくさんあります。   例えば、...

【外国人社員雇用の注意点】よく言われている「強制退去」という言葉はない?!|行政書士阿部総合事務所

【外国人社員雇用の注意点】よく言われている「強制退去」という言葉はない?!|行政書士阿部総合事務所

上記は、入国管理局のサイトの画像です。 日本に在留している外国人が日本を退去する事由には大きく2通りあります。 出国命令と退去強制 お気づきになるでしょうか? 巷でよく言われている「強制退去」という言葉ではありません。   退去強制と出国命令との違いは、自発的かどうかということ。 その違いによって、再入国の期間が異な...

【ビザ申請】行政書士が取次をしてもダメなものはダメです|行政書士阿部総合事務所

【ビザ申請】行政書士が取次をしてもダメなものはダメです|行政書士阿部総合事務所

ビザ申請でよくある誤解。 受入先企業や外国人本人が申請するよりも、行政書士が取次いだ申請のほうが許可されるのではないか?   行政書士が取り次ぎをしてもビザ申請が許可されやすくなるなんてことはないと考えています。 というのも、入国管理局の取り次ぎ資格を持っていても申請人は誰かというと外国人本人であったり、受入先企業で...

【外国人社員雇用Q&A】大学卒と専門学校卒とはこれほど違う|行政書士阿部総合事務所

【外国人社員雇用Q&A】大学卒と専門学校卒とはこれほど違う|行政書士阿部総合事務所

外国人と日本人を雇用する場合とで、明らかに違うのが学歴の取り扱い! 外国人雇用に手慣れた事業者でも、実は本質を理解されていない場合が多い。 外国人雇用でもっとも気をつけたいのが採用予定者の学歴と受け入れ先企業で充実する業務との関連性。 いわゆる事務職に該当する「人文知識・国際業務ビザ」では、専門学校卒業の外国人では、専門士資格...

外国人社員雇用(採用)の専門家は、「採用」だから社労士?、行政書士?|行政書士阿部総合事務所

外国人社員雇用(採用)の専門家は、「採用」だから社労士?、行政書士?|行政書士阿部総合事務所

ビザ申請の実務を知っている人 外国人社員の採用といっても、同じ「採用」なのだから社会保険労務士の出番でしょ?! と思われるかもしれませんが。 外国人社員の雇用(採用)には、日本人と違って二つの視点が必要であることを理解したほうがいい。 ビザ申請の実務を知っている人であれば常識ですが、知らない方がほとんどだと思うので。 &nbs...

外国人介護人材の技能実習制度が着々と進展しているようです|行政書士阿部総合事務所

外国人介護人材の技能実習制度が着々と進展しているようです|行政書士阿部総合事務所

外国人実習生、介護現場にも 11月から職種拡大 指導に戸惑う施設も 外国人実習生、介護現場にも 11月から職種拡大 指導に戸惑う施設も (西日本新聞) – Yahoo!ニュース 業界で話題になっている介護人材としての外国人技能実習制度。 来年三月に向けて着々と準備は進んでいるようです。 11月1日から外国人技能実習...

外国人を雇用するときには、目の前の外国人と在留カードの写真の本人が一致するかをチェック!|行政書士阿部総合事務所

外国人を雇用するときには、目の前の外国人と在留カードの写真の本人が一致するかをチェック!|行政書士阿部総合事務所

不法に在留している、働けないビザをもっている等、自分の在留状況が思わしくない場合に他人の在留カードを借りてアルバイトの面接に登場する外国人もいるようです。 正社員雇用のみならず、アルバイトの面接でも、受入れ企業側としては外国人の在留カードを本人確認書類として確認することがあると思います。 在留カードには、その外国人が在留カード...

Return Top