「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

査証(ビザVISA)とは

 

外国人が日本に入国する要件の一つに有効な旅券を所持していることがありますが、旅券に査証(ビザVISA)を受けていることが要件となります(査証が免除される場合を除く)。

 

 

VISA発給
誰が・・・入国しようとする外国人本人
どこで・・大使館・領事館等
いつ・・出発前
発給までの期間・・即日〜数ヶ月
VISAの有効期間・・原則1回のみで期間は三ヶ月程度(国家間の取り決めによって異なります)

 

 

日本に出発する前に、外国にある日本大使館や領事館等で旅券に査証VISAの印を押してもらうことです。

VISAの発給を申請するためには、旅券や写真等の必要書類を持参し、入国目的を証明する資料も必要になります。入国目的を証明する資料は事案によって異なりますので、スムーズな手続きのためには事前に日本大使館等で確認する必要があります。

また、発給申請を受けた大使館等の判断で発給できない事案の場合には、発給までに数ヶ月要する場合もあります。
※「在留資格認定証明書」をVISA申請に添付することでVISA発給手続きは簡素化されます。
大使館で判断できる場合には、早かれば即日に、遅くとも数日中に発給されるのが通常です。

 

 

※ただし、VISAを受けたからといっても入国が認められたということにはなりません。

日本大使館等で事前確認をしたところ、「この人物が日本に入国することは問題ありません」と判断したというのが、VISAの趣旨です。
日本に上陸する審査をするのは、あくまで入国審査官です。

 

相続・遺言・遺産分割成年後見入管手続・外国人登録許認可関係契約書・離婚協議書セミナー講師ファイナンシャルプランニングなら東京都北区の行政書士阿部総合事務所へ

Return Top