Read Article

行政書士あべせんせーチャンネル

コロナ禍で副業は本当に増えたのか?|行政書士阿部総合事務所

先日、創業スクールの講師登壇をした際のテーマの一つ。

副業による「創業」も、現在では創業の一つのパターとして認められる傾向にあります。

もちろん、創業を認めるもなにも、これは創業だ、これは創業ではない、といったようにどこかが認めるような性質ではありません。

が、例えば、経営者交流会で、「副業による創業なんです」と相手に伝えた場合の、相手の持つ心象など、現場では副業かどうかは結構重要になってきます。

 

企業内診断士のある方から、「阿部先生は専業ですよね?」と聞かれたことがあります。

企業内診断士とは、中小企業診断士の資格を持ち、企業内で会社員として活動する診断士のこと。

一方で、独立診断士、という呼び方もされる通り、独立診断士は、●●診断士事務所などといったような”旗!”を掲げて自分で事業を行なっている方のこと。

 

界隈の一般的な感覚としては、専業>副業といった関係、何と無くですが、それはあります。

 

 




 

 

コロナ禍により就業状況に変化

家計にダメージ

収入減を補うために副業増加

 

なんとなく、上記の流れで副業が増えているのではないか?、といったように思われるかもしれません。

 

インターネット上にリクルート社が調査したデータがあります。

これが大変参考になるのでシェアしたいと思います。

 

「兼業・副業に関する動向調査2020」データ集を公開

https://www.fnn.jp/articles/-/173372

 

こちらの記事内で公開されているPDFファイルです。

60ページ以上もある資料です。

 

これから副業を始めようと思われている方にとっては、とても参考になる資料ですのでぜひご覧になってみてください。

行政書士あべせんせーチャンネルでも動画で解説しています。

 

 

 

 

 

 

 

Return Top