「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

【外国人社員雇用Q&A】採用担当者必見!内定取消は外国人にとてつもない不利益を強いるものだと理解してください|行政書士阿部総合事務所

 

 

 

 

 

 

 

 

外国人に内定を出すときも、日本人と同じようにしていませんか?

それはダメ

外国人は在留資格という日本に在留できる資格があって初めて働くことが出来るということの意味を考えて採用を行ってくださいね。

 

内定取消は外国人社員にとっては死活問題なのです!

もちろん日本人の求職者に対しての内定取消も大変な問題であることは言うまでもありません。

しかし、外国人社員に対して内定取消をしてしまうことは日本人とは違った不利益を強いることになることは採用担当者は知っておいたほうが良いでしょう。

 

というのも、外国人の場合には、常にビザ(在留資格)の問題がつきまとうからです。

在留資格がなければ日本に在留することは出来ません。

この在留資格を得るのも、継続するもの外国人にとっては大変労力がかかるもの。

それだけに在留資格を続けられそうだと思ったときの安心感は絶大なものがあります。

一部の在留資格を除けば、外国人は日本で働くことによって日本に居続けることが出来ます。

このあたりの事情はなんとなく分かりますでしょうか?

 

ですので、外国人は就職先を探すことに必死です。

私の知人の外国人も必死にあって受入先企業を探しています。

「どのような仕事でもいいから働ければそれでいい」

などと日本人学生が言えば、もっと気概を持って就職先を探せ、だのお叱りを受けそうですが、外国人の場合には日本での在留がかかっていますので同じ言葉を言っても真剣さが違うのです。

 

そういった状況にある外国人に対して内定取消をするということは、既に終えていた就職活動を再開したところでビザ(在留資格)の期限までに新しい就職先を見つけられるのだろうか?という強大な不安がのしかかってくるわけです。

なんとなれば派遣社員でも、アルバイトでも凌いで次のチャンスを待とう、と言っていられる状況じゃありません。

外国人の場合には、就労ビザもナシに派遣で働くことやアルバイトをすることは原則認められていないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外国人を採用するとき、外国人に内定を出すときは、どうかビザ(在留資格)という一点において日本人とは違うのだということを理解されたうえでなさって欲しいと思います。

もちろん日本人にも同じことがいえますが、一人の外国人の人生がかかった重要な問題です。

従事してもらう業務と、その外国人の特性が明らかにマッチングしていないのに内定を出してしまう行為も結論としてはそう変わりません。

なぜならビザ申請が許可される可能性が極めて低いからです。

安価な労働力として注目されることの多い外国人労働者ではありますが、決して安価に「使える」わけでもありませんし、労働力として「使い捨て」ていいものではもちろんありません。

 

解決支援コンサルタント行政書士阿部隆昭

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top