「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

契約書の修正方法

ご存知の方も多いと思いますが、契約書の修正方法には大きく分けて二通りあります。

修正箇所に直接印鑑を被せて押印する「直接法」、欄外の捨て印を利用する「間接法」。

間接法は、予め修正事項が発生することを予定して欄外に捨印がある場合にのみ可能な方法です。
直接法は、契約当事者が新たに印鑑を押すという作業が必要なため、当事者の協力が得られない場合、または得るのに時間がかかる場合等は注意が必要です。

 

 

<直接法>
削除・・該当部分に二線を引いて(一本線を引くだけでもいい)、その部分に被せるように契約当事者の印を押す。

加入・・文字間の加入したい部分を明示し、新たに加入する文字を分かるように記載。その部分に被せるように契約当事者の印を押す。

 

<間接法>
欄外に当事者の押印(捨印)がある場合にのみ使える方法

削除・加入・・該当部分に上記の削除・加入の方法どおりに記載。
押印は該当部分に被せるのではなく、捨印を利用。捨印のそばに「○○字削除、○○字加入」等適宜記載する。
相続・遺言・遺産分割成年後見入管手続・外国人登録許認可関係契約書・離婚協議書セミナー講師ファイナンシャルプランニングなら東京都北区の行政書士阿部総合事務所へ

Return Top