「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

問題になる相続とは

 

相続をキッカケに親族間に問題が起こらないようにするには、何が大切なのでしょうか?

いわゆる「争続」というものです。

それは、事前に準備をすること以外に方法がありません。

 

「準備」といっても難しいかもしれませんが、争続になりそうな典型的な関係といったものがあります。

いくつか列挙してみましょう。

・夫婦間に子がいない

・事業をやっている

・家族間、親族間に既に問題を抱えている

・婚外子がいる

・高齢になって再婚をした

 

他にもいろいろありますが、主だったものを挙げてみました。

お気づきでしょうか。

「問題になりそうな相続」は「遺言書を書き残しておいたほうがいい人」とほぼ同じことがいえます。

 

すなわち。

夫婦間に子がいない方に相続が発生すると、本人の兄弟に相続分が帰属してしまう場合があります。

遺言書を残しておけば本人が希望する形で相続をさせることができるかもしれません。

また、事業を営んでいる場合には、その株式や出資持分の分け方が問題になります。

株式は不動産とならんで、もっとも分けづらい相続財産なので事前準備に最大限気を配る必要があります。

遺言書がない場合には、本人が所有していた株式等は共同相続人間に平等の割合で分割して承継されてしまいます。

事業を承継したい長男には株式の全部を相続させ、その他の相続人には株式以外の財産を相続させる、といったことも遺言書があれば実現することができます。

 

相続・遺言・遺産分割成年後見入管手続・外国人登録許認可関係契約書・離婚協議書セミナー講師ファイナンシャルプランニングなら東京都北区の行政書士阿部総合事務所へ




Return Top