「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

団体信用生命保険の請求権者について|行政書士阿部総合事務所

団体信用生命保険の請求権者について|行政書士阿部総合事務所

住宅ローンを組むときに団体信用生命保険に入ったりすることがあります。 略して「団信」といったりするアレです。 団信に加入していれば、債務者本人が死亡したとき給付される保険金によって債務が完済になるので、住宅ローンを家族が負担することがありません。 借入申し込み時点で単身者とか、家族と疎遠だとか、親族は年長者しかいない等、自分が...

「相続させるのは長男だけ、次男には一切相続させない」といった希望を遺言書で実現するのは?、遺留分権利者に財産を相続させたくない|行政書士阿部総合事務所

「相続させるのは長男だけ、次男には一切相続させない」といった希望を遺言書で実現するのは?、遺留分権利者に財産を相続させたくない|行政書士阿部総合事務所

  「○○には相続をさせたくない」という方向だと、なかなか話しは単純ではない。   それでも財産が潤沢にあるのであれば、問題は起きにくいのでしょうけど。 めぼしい財産が自宅不動産のみで、二人の息子のうち婚姻後疎遠になってしまった次男坊には一切相続させたくない こういった事例は割と普通にあります。 法律上の相...

不動産は分割しづらいからとりあえず共有にしておこう、ということがトラブルのもと|行政書士阿部総合事務所

不動産は分割しづらいからとりあえず共有にしておこう、ということがトラブルのもと|行政書士阿部総合事務所

    相続争いなんて、大抵の場合、財産の分け方をめぐっての争いのこと。 分け易い財産というと、現金や預金債権などの可分債権。 これは簡単に割り算できますしね。 対して。 分けづらい財産の代表というと、不動産が挙げられますよね。他に株式も家業の承継の問題が絡んでくるのでやはり分けづらい。 相続財産に不動産が...

簡単にわかる婚外子(非嫡出子)相続差別違憲判決2013.9.4のまとめ←赤い文字だけ読んでいけばエッセンスがつかめるようにしてみた|行政書士阿部総合事務所

簡単にわかる婚外子(非嫡出子)相続差別違憲判決2013.9.4のまとめ←赤い文字だけ読んでいけばエッセンスがつかめるようにしてみた|行政書士阿部総合事務所

  要旨 http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=83520&hanreiKbn=02 判決(決定)PDF http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20130904154932.pdf   民法や資格試験を受験さ...

「推定相続人」と「相続人」とはどう違うのでしょうか?|行政書士阿部総合事務所

「推定相続人」と「相続人」とはどう違うのでしょうか?|行政書士阿部総合事務所

一般の方には馴染みのうすい言葉ですよね、推定相続人。 相続人は、亡くなった人の権利義務を相続する人。 では、そこに「推定」という用語が加わると。 推定という言葉は、どこにかかるのか。 ちょっとわかりづらいですよね。 そして、民法上、「推定相続人」の文言が使われている条文もわかる範囲で挙げています。 よろしければご参考に。 推定...

Return Top