解決支援コンサルタント/行政書士阿部総合事務所

行政書士業務をするには行政書士試験の勉強だけでは知識が圧倒的に足りないのだよ|行政書士阿部総合事務所

行政書士業務をするには行政書士試験の勉強だけでは知識が圧倒的に足りないのだよ|行政書士阿部総合事務所

  弁護士に代表される「●●士」という国家資格者たちのことを士業と言います。士業(しぎょう)って読みます。 一般の方にはほとんど知られることがありませんが、各士業団体には研修制度がしっかりと整備されています。法改正や最新の動向をフォローする意味でも研修は大切ですね。私も成年後見や入管業務等の研修に参加しています。行政...

明日を気にしなくていいゴールデンウィークは寝ないでヤレ!|行政書士阿部総合事務所

明日を気にしなくていいゴールデンウィークは寝ないでヤレ!|行政書士阿部総合事務所

ゴールデンウィークはお休みですか? と言われることが増えてきました。   連休中にも、といいますか、世間的に連休中だからこそやりたいことが幾つかありますので、仕事です。   業種にもよりますが、サラリーマンの方はほぼカレンダーどおりにお休みできる会社も多いと思います。 今年、平成28年のゴールデンウィークは...

平成26年度行政書士試験問45記述式 詐害行為取消権の要件効果について|行政書士阿部総合事務所

平成26年度行政書士試験問45記述式 詐害行為取消権の要件効果について|行政書士阿部総合事務所

    平成26年度行政書士試験問45。 一般財団法人行政書士試験研究センター 毎年、多くの受験生を悩ませいている記述式問題。 配点が多いのに加えて、採点方式が謎に包まれていますのでボーダーラインにある受験生にとっては来週の合格発表までは心配でいっぱいですよね。   問題45  Aは複数の債権者か...

明日使える行政書士試験対策|文章理解はココに気を付ける|行政書士阿部総合事務所

明日使える行政書士試験対策|文章理解はココに気を付ける|行政書士阿部総合事務所

資格試験の世界では、「試験は対話」、だなどと言われることがあります。 「問題を作った側」と「受験生」とが本試験会場で密かに交わされる会話だなって感じることが実際にあるので、たぶんこれは事実。   あなたがもし、資格試験を作る側だったらどうしますか? 簡単に解けるような問題なんて作りたくないですよね。 「今年の問題作っ...

駅構内の勧誘禁止!鉄道営業法35条を調べていたらパブリックフォーラム論にたどりつき。|行政書士阿部総合事務所

駅構内の勧誘禁止!鉄道営業法35条を調べていたらパブリックフォーラム論にたどりつき。|行政書士阿部総合事務所

  まあ、だいたい駅の構内で販売したり勧誘したりっていうのは何となく分かりますよね。 その根拠って、鉄道営業法っていう法律があって、35条に規定されているんだって思って写メだけ撮っておいたですね。 で、鉄道営業法ってどんなのって調べてみました。   鉄道営業法 (明治三十三年三月十六日法律第六十五号) ht...

『推定相続人の地位』期待権はあるが具体的権利はない|行政書士阿部総合事務所

『推定相続人の地位』期待権はあるが具体的権利はない|行政書士阿部総合事務所

相続は何よって開始するかというと、そうでうすね。 人の死亡によって開始します。 条文にもその旨はしっかりと規定されています。 第882条(相続開始の原因) 相続は、死亡によって開始する。     では、相続が開始する前。 お父さんが死んでしまう前の息子には何かの権利があるのでしょうか?   この息...

行政不服審査法改正「行政不服審査制度が使いやすくなり、より公平な制度へ」|行政書士阿部総合事務所

行政不服審査法改正「行政不服審査制度が使いやすくなり、より公平な制度へ」|行政書士阿部総合事務所

    2月19日の日経の夕刊によると、行政不服審査法の改正案を総務省が今国会に提出し、二年以内に新制度への移行を目指すということです。 ポイントは不服申立期間の伸長と審理員制度の導入のようです。 不服申立期間の伸長は、より使いやすい制度にするため。 審理員制度の導入は、公正性を担保するためですね。 議案は...

カーボン紙を使って複写した自筆証書遺言も無効ではない、でもどうしてカーボン紙を使った?|行政書士阿部総合事務所

カーボン紙を使って複写した自筆証書遺言も無効ではない、でもどうしてカーボン紙を使った?|行政書士阿部総合事務所

(最判平5・10・19判時1477-52) 遺言の全文、日付および氏名をカーボン紙を用いて複写の方法で記載することも、自書の方法として許されないものではない。 (最判平5・10・19判時1477-52) 一通の証書に二人の遺言が記載されている場合であっても、両者が容易に切り離すことができるときは、本条によって禁止された共同遺言...

Return Top