外国人雇用と資金調達に強い行政書士阿部総合事務所

平成30年度補正予算「小規模事業者持続化補助金」の事務局の公募があったということは?!|行政書士阿部総合事務所

平成30年度補正予算「小規模事業者持続化補助金」の事務局の公募があったということは?!|行政書士阿部総合事務所

日本商工会議所のWEBサイトに小規模事業者持続化補助金の事務局公募の案内が掲載されましたね。 https://www.jcci.or.jp/news/jcci-news/2019/0212114532.html 赤文字で書かれているように、「小規模事業者持続化補助金」そのものの公募開始ではなく、小規模事業者持続化補助金の事務を...

複数の事業者が連携して取り組むプロジェクトに使える補助金情報|行政書士阿部総合事務所

複数の事業者が連携して取り組むプロジェクトに使える補助金情報|行政書士阿部総合事務所

平成31年度当初予算「ものづくり・サービス・商業高度連携促進事業」は複数の中小企業・小規模事業者等が連携して取り組む、生産性向上に資する高度なプロジェクト等に係る経費の一部を補助することにより、中小企業・小規模事業者が高い付加価値を創出し、生産性の向上を図ることを目的としています。   複数の事業者が連携して取り組む...

自治体公募の補助金は予定件数に達すると終了することがあるので早めの応募が大切|行政書士阿部総合事務所

自治体公募の補助金は予定件数に達すると終了することがあるので早めの応募が大切|行政書士阿部総合事務所

中小企業庁などの国の補助金はそういったことはないと思いますが、市区町村などの自治体が公募する補助金や助成金や、予定件数や予算額などに達したためなどとして終了することがあるので気をつけたい。 この補助金助成金は事業に使えるかもしれない、と気がついたら早めに市区町村の担当部署に相談に出向くのが大切。 予算事業ですし、特別に問題がな...

平成30年度補正予算「ものづくり補助金」で公募前の確認すべき3つのポイント|行政書士阿部総合事務所

平成30年度補正予算「ものづくり補助金」で公募前の確認すべき3つのポイント|行政書士阿部総合事務所

先ずはこのページからチェックしましょう。 平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業」に係る事務局の募集及び同補助金の事前予告を行います http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2018/181228mono.htm 補助金の公募開始のお知らせではありませんが...

補助金で採択を勝ち取るたった一つの方法|行政書士阿部総合事務所

補助金で採択を勝ち取るたった一つの方法|行政書士阿部総合事務所

小規模事業者持続化補助金やものづくり補助金、その他の地域の自治体が公募している地域振興助成金など数多くの補助金助成金申請代行業務を行ってきて思うこと。 補助金で採択される事業者には一定の傾向があります。 事業に真摯に取り組んでいること。 ”真摯に取り組んでいない事業者なんているのかな?”とか思われるかもしれません。 いないです...

補助金申請の採択率が3倍アップするグラフ(資料)の作り方|行政書士阿部総合事務所

補助金申請の採択率が3倍アップするグラフ(資料)の作り方|行政書士阿部総合事務所

予定されている外国人雇用関連セミナーのスライド資料を作っています。 こちらは経産省の資料。「製造業における人手不足の現状および外国人材の活用について」   内容は読まなくても大丈夫です^ ^ 円グラフ、棒グラフだけ見てみましょう。 この資料そのものは何を説明しているのかというと。 外国人を採用している事業所の数は増え...

ものづくり補助金で採択されるために事業者がすべきこと|行政書士阿部総合事務所

ものづくり補助金で採択されるために事業者がすべきこと|行政書士阿部総合事務所

公募要領をよく読む。 ものづくり補助金で採択されるために事業者がすべきことは先ずはコレ。 難しいから公募要領を読んでも分かりません。   公募要領は専門家向けではなく、あくまで申請する主体である事業者向けに書かれています。 専門用語はあまり登場しません。 公募要領、というだけで難しい気がするわけですよね、きっと。 &...

ものづくり補助金の採択率を高めるためには?|行政書士阿部総合事務所

ものづくり補助金の採択率を高めるためには?|行政書士阿部総合事務所

補助金申請サポートに取り組む士業・コンサルタント向けにこの記事は書いています。 イケメン行政書士阿部隆昭です。 ものづくり補助金や小規模事業者持続化補助金申請サポートにこれから取り組もうと考えている士業・コンサルタントはどのようにしたら採択率を高めることが出来るか? 考えますよね? 申請書の技術レベルがどうあろうと、そもそもそ...

Return Top