「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

企業やサービスの認知度をあげるには実は2パターンしかない|行政書士阿部総合事務所

企業やサービスの認知度をあげるには実は2パターンしかない|行政書士阿部総合事務所

ネットかリアルかの2パターンしかありません。 最初に分ける事がとても大切でして。   ちょっと話はズレますが、本当はズレていませんが、この「分ける」という作業がとてもとても大切でした。 分けるためにはですね、知らないと分けられないのですね。 なんとなくでもいいのですが、言わんとしている事分かりますでしょうか? &nb...

同業他社、競合他社、事業競争力|行政書士阿部総合事務所

同業他社、競合他社、事業競争力|行政書士阿部総合事務所

この世の中に自分しか提供していないサービス。 ほとんどいないですよね。 大抵、他の誰かがやっています。 行政書士だってものすごい数の競合がいますよ。 相続を得意としている行政書士、というように絞り込んだところで相当数存在する。 「相続」と絞り込んだおかげで、隣接業種の税理士、司法書士までが競合に入ってきてしまう。 業種業態によ...

いつか誰かが分かってくれる。いつか誰かが拾い上げてくれる|行政書士阿部総合事務所

いつか誰かが分かってくれる。いつか誰かが拾い上げてくれる|行政書士阿部総合事務所

事業を行なっているといろいろな人に出逢う。 楽しい。 サラリーマン時代とは全く違う。 サラリーマンで居続けるメリットの大きなものは安定した給与 そのメリットが崩壊した、しつつあるときに人は自分で事業をやってみよう、と思うのだと。 もちろん、長年の夢を実現したいから、という方も多いとは思うけれども、止むに止まれず起業という選択肢...

【好きを仕事にする方法7】融資を受ける場合は、法人と個人どっちが有利?|行政書士阿部総合事務所

【好きを仕事にする方法7】融資を受ける場合は、法人と個人どっちが有利?|行政書士阿部総合事務所

創業融資を受けるために法人を設立した方が良いのでしょうか? これもよくお問い合わせをいただく質問です。 「法人」 というのは、一般的に「会社」と考えてもらっていいでしょう。 銀行などからお金を借りるのに会社を作った方がいいのですか? ということなのですが、実務的には、貸出先の金融機関によって違う、というのが正解でしょう。 会社...

【好きを仕事にする方法6】「好きを仕事に」するのにお金がかかる場合の対策2パターン|行政書士阿部総合事務所

【好きを仕事にする方法6】「好きを仕事に」するのにお金がかかる場合の対策2パターン|行政書士阿部総合事務所

例えば、飲食店を開業しようと思っている。 不動産業者として新規開業したい。 その人の「好きを仕事に」するのにお金がかかる場合がありますよね。 レストランやカフェ、居酒屋などの飲食店を始めるときは、ほとんどの場合、飲食店の開業場所を借りなければなりません。 実家がレストランをやっている、そういった恵まれた状況の方は滅多にいません...

【好きを仕事にする方法5】会社を作りたいのですか?、事業を創りたいのですか?|行政書士阿部総合事務所

【好きを仕事にする方法5】会社を作りたいのですか?、事業を創りたいのですか?|行政書士阿部総合事務所

創業、起業は二つに分けて考えると視界がクリアになります。 創業融資や創業補助金、会社設立、許認可、マーケティング支援、経営者コミュニティ運営など幅広く創業支援のお仕事をさせて頂いています。   会社を作りたいのか? 事業を作りたいのか?   会社を作りたい、という場合には、組織、箱を作りたいということ。 事...

起業と創業の違い|行政書士阿部総合事務所

起業と創業の違い|行政書士阿部総合事務所

好きを仕事に!などの創業支援の仕事をしていると聞かれることがあります。 「起業」と「創業」の違いはなんですか? 違いはありませんとお答えしています。 新しいビジネスを始める、と言った意味が「起業」にはあるのです、と説明する向きもあるようですが、私としてはどちらでもいいと思っています。 なぜかというと、起業と創業の区分けに意味が...

【好きを仕事にする方法4】好きを仕事に出来ないのは、本当は好きではないから?!|行政書士阿部総合事務所

【好きを仕事にする方法4】好きを仕事に出来ないのは、本当は好きではないから?!|行政書士阿部総合事務所

好きを仕事に出来ないのは本当は好きではないから。 本当に好きだったら、それを仕事にすべくもっともっと一生懸命に取り組むことが出来るでしょう。 いずれもウソ。 そもそも、好きかどうかは理屈で決めるものではなありませんよね。 100%感覚です。 そこに理由はありません。 作ることはもちろん可能ですよ、後付けで好きな理由を。 例えば...

Return Top