「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

ものづくり補助金で採択されるために事業者がすべきこと|行政書士阿部総合事務所

ものづくり補助金で採択されるために事業者がすべきこと|行政書士阿部総合事務所

公募要領をよく読む。 ものづくり補助金で採択されるために事業者がすべきことは先ずはコレ。 難しいから公募要領を読んでも分かりません。   公募要領は専門家向けではなく、あくまで申請する主体である事業者向けに書かれています。 専門用語はあまり登場しません。 公募要領、というだけで難しい気がするわけですよね、きっと。 &...

ものづくり補助金の採択率を高めるためには?|行政書士阿部総合事務所

ものづくり補助金の採択率を高めるためには?|行政書士阿部総合事務所

補助金申請サポートに取り組む士業・コンサルタント向けにこの記事は書いています。 イケメン行政書士阿部隆昭です。 ものづくり補助金や小規模事業者持続化補助金申請サポートにこれから取り組もうと考えている士業・コンサルタントはどのようにしたら採択率を高めることが出来るか? 考えますよね? 申請書の技術レベルがどうあろうと、そもそもそ...

補助金業務と外国人のビザ申請業務は似ている|行政書士阿部総合事務所

補助金業務と外国人のビザ申請業務は似ている|行政書士阿部総合事務所

ものづくり補助金から続く、小規模事業者持続化補助金申請サポート業務。 3月からの2ヶ月間がもうすぐ終わろうとしています。 マイナス面の捉え方をすると、本当にペースを乱されましたね、仕事のペースが。 未来に向かった仕事が出来ないのが辛いところ。 将来取り組みたいセミナーの設計であるとか、新しい事業の仕組みづくりなど、考えている事...

補助金申請に取り組むには事業者の努力が必要なんだよな|行政書士阿部総合事務所

補助金申請に取り組むには事業者の努力が必要なんだよな|行政書士阿部総合事務所

そもそもですよ、その事業の内容について最も知っているのはその事業主さんなんですよ。 いくら補助金申請サポートの専門家といっても想像で書きまくるわけには行かないんですね。 その事業の状態やサービスの強みなどを採択率を上げるような申請書に組み立てることは出来るのですが、事業そのものを創り出すことは出来ません。   そもそ...

「数字で語れ」|行政書士阿部総合事務所

「数字で語れ」|行政書士阿部総合事務所

売上がアップします。 いつ頃から、いくらぐらい上がるのですか?   顧客開拓に成功します。 いつ頃から、どれぐらい、どのような顧客が増えるのですか?   全て数字で語ることが出来なければ、それは、つまり「具体的」ではないとされるのです。 曖昧だと。   少なくともロジックに重きを置かれる場面では、...

平成29年補正のものづくり補助金の闘いは終わりました。|行政書士阿部総合事務所

平成29年補正のものづくり補助金の闘いは終わりました。|行政書士阿部総合事務所

ものづくり補助金の申請サポート業務に取り組むあまり、いろいろなことがおざなりになってきました。 その一つがこのブログ。 2014年から連続更新を続けていますが、どうしてもブログに掛ける時間を作り出すのが難しい。 それに、今だけだと思いますが、書いていて楽しくない、という現象に陥っています。 あまりなかったんですよね、書き物はも...

ものづくり補助金申請の追加公募に備える準備はいいですか?|行政書士阿部総合事務所

ものづくり補助金申請の追加公募に備える準備はいいですか?|行政書士阿部総合事務所

ものづくり補助金申請も佳境に入ってきましたね。 追加公募が予定されているとされるのでものづくり補助金に慌てて申請するよりも、そちらを待ったほうがいいかもしれません。 もちろん、本当に公募されるのか? 公募されるとしても、補助率などは今回と同じなのかどうかも分かりません。   行政書士阿部総合事務所でも追加公募のご支援...

「この補助金の採択率はどれぐらいですか?」の質問は意味がない。なぜなら?|行政書士阿部総合事務所

「この補助金の採択率はどれぐらいですか?」の質問は意味がない。なぜなら?|行政書士阿部総合事務所

補助金申請サポートを業務としているとよく聞かれます。 「この補助金の採択率はどれぐらいですか?」 もちろんお答えはするのですが、この類の質問にはほとんど意味がありません。 なぜなら、採択か採択されないかの二つしかないから。   採択レベルに届かない補助金申請であれば、採択率がどうあれ採択は絶対にされません。 例えば、...

Return Top