Read Article

『宙船(そらふね)』中島みゆき|おまえが消えて喜ぶ者におまえのオールを任せるな|行政書士阿部総合事務所

 

日曜の夜、書きたいことはたくさんあります。

今度のセミナーの告知、

遺言書の書き方のポイント、

 

でも、いまは宙船で。

 

宙船は、「そらふね」って読みます。

確か、初めて聴いたのは子どもの運動会のとき。

その時はなんとも思わず、ーといいますかお遊戯のBGMなのでそもそも歌詞など聞いていないー、後から聴いたとき、そういえば!あのときの、と思った程度。

TOKIOも唄っているようですが、聴くなら中島みゆきさんのものが断然オススメ

 

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ

おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

 

 

そのとおり、宙船は、自分自身。

どう進むのかも自分次第。

なんですが、ときに、オールが人の手に握られてしまっていることがあるのが私たち。

 

すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても

すべての港が灯りを消して黙りこんでも

 

何がどうあろうと自分の手で漕いでゆかんといけないわけですよ。

所詮、というのではないけれど。

どうあったって人間は一人ですよ。

子どもであろうが、大人であろうが、おじいちゃんであろうが、一人でオールをこがないといけない。

人生、二度目がない以上、この世に生まれた以上、誰にとっても一局の人生。

 

どうせだったら、自分の手でオールを漕いで、自分の進むべき道に。

 

 

 

手漕ぎボートに乗ったことがある。

 

最初は、ほんとうに上手に漕げない。

最初は、まったく前に進まない。

 

目的地にこのままじゃ着かないんじゃないか。

同じ所でバタバタしているだけなんじゃないか。

 

そう思って。

でも、漕ぐのを止めないと。

あれっ?!って思うほど、遠くまで進んでいることがある。

 

そう。

一見、進んでいないようにみえても、遅いけど進んでいる。

諦めちゃいけない、決して。

 

 

 

 

 

 

 

 

Return Top