「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

モノゴトを「考え過ぎない」ためには、この方法しかない|行政書士阿部総合事務所

 

 

「下手考え休むに似たり」

ではなく、

 

「下手考え休むに似たり」

が正しい言葉。

 

 

どうしようもないことを考えても、結局考えていないのと同じだよ。

と言いたいのではなく、

 

元々下手なんだから、考えること自体ムダ!

というときに、「下手の考え休むに似たり」を使います。

 

囲碁とか将棋などからきている言葉のようですね。

 

日々の暮らしの中で。

ぼんやりとあれこれ将来のことを考えてしまって、いたづらに時間ばかり使ってしまった、という経験ありませんか?

私はあります。

 

そのときにピッタリの言葉は、「下手の~」よりも「下手な~」のほうがしっくりきます。

そう、この場面では囲碁将棋のように、上手下手なんてそもそもありません。

 

変なこと考えてしまったなあ。

これだったら考えないで休んでても同じだった。

 

 

そんな、「下手考え休むに似たり」から絶縁するためには、時間で制限するしか方法がないと思う。

そうはいっても、”さて!これから5分だけ考えよう”、と決めて考えるのは難しい。

もちろん、出来ればそれに越したことはないのですが。

 

手軽に出来て、最も効果的なのは、

常にアナログ時計を目にみえる位置に置いておくこと。

ボーっと考えてしまうときって、何か資料を見ながらっていうことはないですよね。

 

何もしない、とか、

テレビを見ながら、とか。

 

そうじゃなくって、アナログ時計を見ながら考えるんです。

これですと、否が応でも分かりますよ、いたづらに時間を使っているというのは。

ボーっとしているその時間、思考は進んでいなくても、休むことなく秒針だけは進んでいますから

 

 

 

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top