外国人雇用と資金調達に強い行政書士阿部総合事務所

人から紹介されたら紹介してくれた人にありがとうと言おう|行政書士阿部総合事務所

お仕事などで。

自分の仕事とうまく連携が取れるかもしれないから、といった理由で人の紹介を受けることがありますよね?

紹介を受けたら、紹介してくれた人にありがとう、と言ったほうがいい。

 

なんだか文字で書くと至極当たり前のことを言っているようで。

しかし、その当たり前が実際にやれている人は少ない。

 

Aさんが私の事業にプラスとなると考えて、Aさんの知人Xさんを紹介してくれたとしよう。

私は、Aさんに「ありがとうございます、今度一度Xさんと会ってみますね」と言って、Xさんと会う。

 

その結果は、どっちでも構わない。

うまく連携が取れてお互いのビジネスの支援が出来そうだ

といったケースもあるでしょう。

私のビジネスとは繋がりそうはないけれども、私の知人ならビジネスにプラスになりそうだ。

なので、私ではなく、私の知人を紹介しましょう。

といったことも珍しくない。

今回はちょっと繋がりそうもありませんね。

ということももちろんある。

 

どのパターンに終わっても良いのだけれど、一通り、結論が見えそうになったところで、Aさんにはその結果をお伝えしたほうが良いのです。

なぜなら?

 

気になるから。

相互のビジネスの支援になったらいいなあ、と思って紹介してくれているのだから、どうなの?どうなの?うまくいきそうなの?と思っているはず。

だけれども。

Aさんの方から、尋ねにくいわけですよ。

「この前のXさん、どうでした?うまく繋がりそうですか?」

とは。

 

なので、私の立場の者からAさんの気持ちにアンサーを与える。

仮に、私とXさんとでうまく行かなかったとしても、Aさんはまた私に紹介してくれるでしょう。

 

なぜなら。

紹介という行為のフィードバックが得られるから。

 

業種業態を問わず、「紹介」というツールを上手に活用するとビジネスはうまく回って行く可能性が高い。

気にしておいてくださいね。

行政書士阿部隆昭

 

 

 

 

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は1時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top