外国人雇用と資金調達に強い行政書士阿部総合事務所

実家に住んでいるんだから親の面倒を見るのは当たり前?|行政書士阿部総合事務所

 

こういった話しもあるんだなあ、ぐらいに聞いてもらえると良いのかなと思います。

身につまされる方は、他に苦労している方がいるんだ、と思われるかもしれません。

 

核家族ですね。

お父さん、お母さん、子ども二人

お子さんたちは結婚して実家を離れると、それぞれの新しい家庭が大切になってしまうもの。

 

子どものうち、一人は実家に残って親と同居。

もう一人は、実家から出ていき独立の生計を立てる。

まあ、よくあるケースですよね。

 

親もだんだん歳を取ってくると、病院だ、介護だ、などと手はかかってくるものです。

実家から離れている子どもにとっては、常に接しているわけではないので他人事。

こっちはこっちで大変なことはあるし。

 

そんな状況が続くと、仲が良かった兄妹間も次第に疎遠になっていくものです。

 

 

実家にいる姉からすると。

親の面倒もみずに好き勝手生活しやがって。

 

 

実家から離れた弟からすると、

実家に住んでいるんだから生活費もかからんだろう。親の面倒ぐらいみるのが当たり前。

 

しばらく続いてこうした関係も、親に万が一のことが起きたときに感情が表面化します。

いきおい絶縁状態になる家族もあります。

 

ただ、相続の手続きにはお互いが協力したほうがうまくいくことが多い。

家庭裁判所の手による遺産分割手続もあるにはあるのですが、「裁判」っていうだけで余計にコトを複雑化させることもあります。

なので、表面上、何の感情もないように取り繕っていて、相続の手続きが終わった途端、一切連絡をしなくなる家族って実は結構多いと思います。

 

核家族という、本来は家族としてまとまりやすい最小単位の家族でさえ、こういったことになってしまう。

双方からお話しを聴く立場としては、もちろんそれなりの理由はあるんですよね。

 

しかし、どうなんだろう。

 

兄妹間の争いのケースは類型化できるほど事例はたくさんあります。

で、一般的にもよく聴く話しです。

ちょっとだけ気遣いがあれば、深く大きなキズにはならないような気もするのですが。

血縁だからこそ一旦こじれると根深い問題になるとも言えますし。

悩ましいですね。

 

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は1時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876