Read Article

少し前、ある原発の街にセミナー講師で訪れたときに。。|行政書士阿部総合事務所

場所は違うけれども、これで二回目かな。

最寄駅に降り立つと感じる雰囲気は同じ。

閉塞感、といった三文字が適切なのだけど、それだけではない。

一部の活気が織り混ざった閉塞感なのかなあ。

何も言えない空気感。

触れてはいけない部分を感じる。

 

原発については賛否あり、それについてここでは言わないけれど。

 

例えば、コミュニティーや人と人との関係性の中では、この空気感はよろしくない。

誰にとっても不幸になる。

 

言いたいことが言えたらどんなに楽か!

 

オトナの世界は常にこんな感じではあるけれども、それでもなを、そうじゃない方が良い方に決まっていて。

だからこそ、その世界を望むわけで。

 

なかなかに悩ましいね、この世界は。

行政書士阿部隆昭

 

 

 

Return Top