Read Article

年単位でモノゴトを考えるとうまくいかない時は、細かく分けてみるといいかも|行政書士阿部総合事務所

こんにちは。

年末のこの時期になると、

”今年はアレが出来なかったな”  とか、

”あんまり進展しなかった” や、

”手を付けたけど、結局中途半端になってしまった”

なんてことを思いませんか?

 

私は、すごい思いますよ。

 

そもそも「年単位」でモノゴトを考えるからオカシナことになってしまうんでしょうか。

モノゴトは常に動いていますし、一年で区切るなんて意味がない。

 

とはいっても、一年の終わりとなると、”今年はどうだったかな”ってやっぱり思ってしまう。

今年一年はどう過ごしたか?って思うとき、もっともっと時間を細かく分ければ、一年はその積み重ねなんだって改めて気付きました。

 

年単位から週単位、今日一日、これから一時間、といったように細分化してみると過ごし方がまったく違う。

意識の問題なんでしょうね、たぶん。

 

12月になれば”今年を振り返り”、1月になれば”今年はどんな年にしよう”とか。

もう、そういうの止めようと思います。

 

一日、一時間を意味あるものにして過ごす。

コレを意識すれば、来年の今ごろは”今年はどんな年だったんだろう”なんて思わなくなるはず。

 

では、今から実践です!^_^

 

 

 

 

 

 

 

Return Top