「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

2016年4月23日独り言「阿部先生ダメじゃん、使えねー」|行政書士阿部総合事務所

 

おはようございます!

今は朝の5時47分、私は仕事中ですが世間的には休日ですので軽いお話を。

 

現在、「経営管理」の就労ビザの取得と会社設立のご依頼をある外国人の方から頂いております。

昨日、その方にランチをご馳走になりました。

 

本当は、

先生、夜ご飯をどうですか?

とおっしゃって頂いたのですが、夕方から外せない案件が予定されていたのでランチ時間にしてもらったんです。

 

詳しくは言えませんが、委任された業務以外のことについてもご相談をいただくことが多いので、私の経験と知識をお客さまにシェアしています。

 

とても感じいい方ですし、日本語はペラペラで意思の疎通に不安がないし、当職の事務所までよく足を運んで下さるし、委任されたお仕事の範囲を超えるけど自分としてはそれでもいいと思っていました。

 

と、同時に、

これって他の先生に依頼してたらおカネ取られるよな

とも。

 

たまたま、自分は不動産関連が長かったので不動産取引実務にも詳しいですし、ある業種の債権回収部門の方とも取引をしていた関係でいろいろと詳しい。

 

 

自分一人、捕まえとくとなんでも相談出来るし、お客さまとしては結構ラクかもなあ

と客観的に思っていました。

 

 

ランチにお誘いくださったときは、自分がよく行っているエリアですし、金曜日ですし、本国の世間話でも聞かせてくれると楽しいなあ

といった軽い感じでOKしたんです。

 

 

先生、何にしますか?

と言われ、自分はメンチカツカレー

 

もう一品いかがですか?

サラダ食べましょうよ?

と言われて、サラダも。

 

 

奢られ慣れている方でしたら、”もう一品”のくだり”でご馳走かな”と気がつくのでしょうけど、私、全然自分で払うつもりだったんですね、会計までは。

 

先生、ここは、いいです!

 

と言われて、ちょっと狼狽し、とても嬉しかった。

 

聞いている様々な事情から考えると、その気持ちが本当にうれしい。

いや、他のお世話になっているお客さまからランチをご馳走になるときもたくさんあるのですが、もちろんそのときも嬉しい。

”いつもサポートしているから奢られて当然”、なんて思わない。

 

 

別れ際、

これからもいろいろと分からないことだらけですが、いろいろと教えてください!

と言われ。

 

いやもう、全力でサポートしますよ!

という気持ちになった。

 

 

 

他の専門職に、”お客さまにカレーご馳走になっちゃった♪”と話したら、

 

あべさん、甘いよ。

相談料、全部もらえばいーのに。

 

って言われた。

甘いのかなあ??

 

と思った時に、

昨日も書いたければ自分のお仕事の理念やミッションっていうものがあるかないかによるのかもしれないと思った。

その専門職は別に理念とかそんなのは一切ない人。

たまたま資格があるし、他にやることがないから、その仕事をしていると自分で言っているぐらい。

それが悪いともぼくは思っていないし、それはそれでアリだと思ってる。

 

 

前職で一緒だった人に会うと、

”サラリーマン辞められていいなあ、満員電車に乗らないでスゲー羨ましい”

なんて言われることが多いけど。

 

”んじゃ、君も辞めればいいじゃん。満員電車だけがフォーカスするポイントなん?”

って思うけど、言わない。

 

辞めてみて初めて分かることがある

というか、

辞めないと分からないことって絶対ある。

だけど、それらを知るのはサラリーマンを辞めてからなんですわ。

実際に辞めないと永久に知ることがない。

起業本とか読んでもダメ、自分でやるのと本で読んだのとは全く違う。

アホと天才ほど違う。

日本料理と中華料理ほどベツモノ。

 

 

”それらが分かっただけでもいい。”

なんてことは実は全然思っていない。

 

 

せっかくサラリーマンを辞めてフリーランスになったんだ。

会社や上司の意向を気にせずに、自分で一日のスケジュールを決めることが出来る仕事。

”何のために辞めたんだっけ?”

って考えることもたまにある、というかここ最近結構ある。

 

結局のところ、

自分の知識と経験を困っている人にシェアしたい

そう思ったからなんだ。

そのシェアした行為に価値があれば、それはお金に代わり、結果私が生活出来ることになる。

自分では価値があると全力で思っているけれども、残念ながらそれを判断するのは自分じゃあない。

お客さまが判断すること。

もしも、万が一、まさかの事態で、それに価値がなかったら、もうこの仕事は辞めるしかないのでしょうね。

 

昨日、私が好きな税理士先生とお仕事がらみの世間話をしたときに、

”要は、「打ち出し方」なんですよね~”

とおっしゃっていて、もう、全くそうだなあと思った。

 

もっともっと自分を知ってもらうように、今朝から新しい「打ち出し方」を実行中です。

お客さまに知ってもらって、

お客さまに使ってもらって、

それで、

”阿部先生ダメじゃん、使えねー”

ってなればそれは仕方ない。

 

 

そうそう!、私が企画、監修、著作したエンディングノート関連書籍が夏に全国発売されます。

サラリーマン時代、毎日5時起きして出勤前の二時間で書き溜めたもの。

会社の担当者とは半年以上打合せを重ねた。

楽しみだ。

 

さて、私の事務所がある東京都北区赤羽では、年に一度の「赤羽馬鹿祭り」が開催されます。

皆さんにも素敵な週末が訪れますように♪

それでは

行政書士阿部総合事務所

行政書士阿部隆昭

 

赤羽馬鹿祭り 公式ウェブサイト赤羽馬鹿祭り 公式ウェブサイト

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は1時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top