Read Article

「SNSマーケティングのアドバイスはもう結構」と言って去った事業者の現在|行政書士阿部総合事務所

この時代、SNSを使い倒さない選択肢はないのになあ。

その事業者の商材を考えれば、事業継続のためにはSNSを戦略的に使うことは必須。

なのにしないとはどういうことか?

と思ってみたところで、必要ないという意思の方に無理やりコンサルティングを行うのもおかしな話。

なので、そうですか、となった。

 

 

久しぶりにその事業者のコーポレートサイトを閲覧してみた。

最新ニュースの日付、2017年。。

大丈夫なのだろうか。

丸二年もトピックがないなんて。

ニュースとして掲載する項目がない、それはまあそういうこともある。

ですが、WEBサイト全体としてアクティブではないのはよろしくないですね。

 

WEBサイトとブログがリンクされていますので、そちらにジャンプしたところブログ記事はゼロでした。

組織の代表が個人ブログを別ラインで走らせることはよくやる方法。

代表者個人のブランディングから、企業の商材に結びつけるのは王道ですね。

そこまでは考えついて、アカウントを取得したまでは良いが、そこで力尽きたのでしょう。

 

少なくとも、WEB上は、その会社も、その会社の商品もアクティブなのか判明しません。

これが何に影響するのかというと、会社そのものの信頼性です。

 

逆に言えば、これらを適切にこなしていけば会社の信頼性、ブランディング、認知度向上、など様々なものが得られる。

 

コストは自分でやれば、時間のみ。

 

無料ブログ、無料のWEBサイト、今の時代たくさんありますよね。

 

どこに時間を投入するか?

 

この視点はとても大切です。

行政書士阿部隆昭

 

 

 

 

 

Return Top