「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

【介護事業所訪問】『ファミリーケア赤羽さくら物語(東京都北区)』|行政書士阿部総合事務所

 

平成27年8月24日、閑静な住宅街にある「ファミリーケア赤羽さくら物語」に訪問させて頂きました。

お話しをお伺いしたのは、管理者の前田様、生活相談員の稲葉様です。

 

JR京浜東北線赤羽駅から十分に徒歩圏内にあるのに、多くの緑に囲まれており、とても落ち着いた雰囲気。
 
季節柄、蝉の鳴き声も多く聞かれました。
 
 
 
「赤羽さくら物語」は、一戸建ての家を改装したデイサービス。
 
外観は普通の民家とまったく変わりません。
 
しかし、一歩中に入ると天井が高く、明るく開放的な空間が広がっていました。
 
 
 
一戸建ての家をデイサービスとして利用しているからこそ、他のデイサービスとは違った魅力があるのも「赤羽さくら物語」の特徴。
 
 
例えば、利用者さんが、お庭でお花を植えたりといったことも出来るのとのこと。
 
マンションの1階部分にある通常のデイサービスでもプランターを利用して同じようなことは出来ると思いますが、実際に外に出て庭作業が出来るのは健康的でいいですよね。
 
 
また、利用者さんの中には実際に施設で出される料理の給仕を手伝ったりということもあるようです。
 
ただ、実際には難しい面もあるので、あくまで利用者さんの状況をみながら行っているとのこと。
 
確かに、社会的に何らかの役割を持って生きる、ということは生きがいにもつながる大切なことだと思いました。
 
 
 
 
「赤羽さくら物語」は、旅行会社が母体として運営されています。
 
「将来は利用者様を集めて旅行に行けるような施設にしたい」
 
 

というのが施設開設の理由とのこと。

 

利用者さんそれぞれの事情もあり難しい面もありますが、それでも有志の方で板橋区立の水族館に行ったり、荒川に芝桜を見に行ったり、といった活動も行ったきたようです。

家族にしてみたら、どこか旅行に連れて行ってあげたいと思っても、自分たちも忙しいので実現することも難しいかもしれません。

その点、サポートしてくれる専門家が同行してくれるのは、利用者さん、そのご家族にとっても安心ですよね。
 
 
 

サービス面では、急なお泊りにも対応しているとのこと。

夏休み期間や年末年始のスポット利用や、独居の方のステイにも利用されているようです。

レクリエーションも、いるときのスタッフによって変わることもあるとおっしゃっていました。

利用者さんのその日の雰囲気によって、何もやらないときもある。

「つまらなかった」のではなく、「今日はゆっくりできた。」 という気持ち面を大切にしているとのことです。

 

最後に、

今後どういった施設運営を目指していくのかを質問したところ、前田様はこうおっしゃいました。

 

利用者さんの笑顔が見える施設にしたい。
 
利用者さんの様子を見ながら飽きないように
 
”あそこに行くのはうんざりよ”、と言われない。
 
 
”あそこに行くと誰々さんがいるから、行ってみたい”、
 
”今日も一日、何もなかったけど健康でいられた。”と思って頂けるような。
 
 
 
確かに、やりたくないことは強制されないかぎり、自宅にいればやることはないですよね。
 
それが、デイサービスで滞在している間は、他の皆さんと合わせるためにやりたくないことでも我慢するのはとっても苦痛。
 
健康上、それをしたほうがいい場合ももちろんあると思いますが、スタッフがそういった心持ちで対応してくれるというのは利用者側にとって信頼できると思いました。
 
 
 

「赤羽さくら物語」の目の前には「静勝寺」があり、有名な「稲付城址」もあります。 季節には立派な桜が咲くそうですよ。

 

静勝寺(赤羽)静勝寺(赤羽) 

 

稲付城跡(城址)稲付城跡(城址) 

 

 

 

 

 

静かな雰囲気の中、ゆったりとした一日を過ごすことが出来る。 

スタッフの気持ちによっても、ゆったりとした一日にしてくれる。

 

小規模デイサービスならではの、きめ細かいサービスを提供して頂けるのが「ファミリーケア赤羽さくら物語」の最大の魅力だと感じました。

 

 

北区デイサービス | アップル旅建株式会社北区デイサービス | アップル旅建株式会社

 

 

 

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top