解決支援コンサルタント/行政書士阿部総合事務所

会社設立時の本店所在地(住所)の決め方。後から知っても遅い!「シェアオフィスと「バーチャルオフィス」の違い|行政書士阿部総合事務所

 

 

 

会社設立時の本店所在地(会社の住所)をどこにするか?

発起人にとって悩ましい問題です。

 

通常の事務所なのか?シェアオフィスにするのか?バーチャルオフィスにするのか?

会社設立後のことまで考えてオフィスを決めたいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーチャルオフィスとシェアオフィスとの違いは知っていますか?

決定的に違うのはココだけです。

ワークスペースがあるのかないのか?

バーチャルオフィスは、ワークスペースがありません。

バーチャルという文字どおり、仮想のオフィスです。

が、バーチャルオフィスでも登記上の住所としては使えます。

 

シェアオフィスは、ワークスペースがあります。

パーテーションになっているのか、フラットなスペースになっているのかは場所によって異なりますが、バーチャルオフィスと決定的に違うのはワークスペースがあるということ。

この違いは実は後々響いてくることは多くの方が知りません。

シェアオフィスのことを最近ではコワーキングスペースなどと呼ぶこともあります。

 

バーチャルオフィスは、一般的にシェアオフィスと比較して安い月額賃料です。

ですので、会社設立時の初期費用を抑えたい方にはピッタリ。

ですが、これだけは知っておいてくださいね。

 

バーチャルオフィスでは融資を受けられない可能性がある!

あくまで可能性の問題ですが、残念ながら現実問題としてバーチャルオフィスでは融資を受けられない可能性があります。

バーチャルなオフィスですよね。バーチャルオフィスは。

仮想空間なわけです。登記上の住所をもらうだけの。

その場所に会社としての業務実態があるのかと問われれば、どうでしょう?

業務は、、、してないですよね。

バーチャルオフィスでは。

ワークスペースがありませんから。

融資の場合にはそういった事情も考慮されることがあるのです。

 

 

会社設立時の本店所在地を決めるときは、融資や創業支援のことも念頭にいれてバーチャルオフィスがいいのか?、シェアオフィスがいいのか、通常のオフィス形態が良いのかを検討してください。

 

5月10日、株式会社の設立の流れを理解して自分だけで株式会社を作ってみよう!というセミナーを開催します。

5/10「専門家に依頼せずに100%自分だけで株式会社を作る方法」セミナー開催! | 行政書士阿部総合事務所@北区赤羽5/10「専門家に依頼せずに100%自分だけで株式会社を作る方法」セミナー開催! | 行政書士阿部総合事務所@北区赤羽

フリーランスでいつかは法人化を検討している方

独立志望のサラリーマンの方

会社設立の流れを俯瞰でき、誰に何を相談すれば良いのかも知り、スケジュール感や費用も丸わかりになる内容です。

下記のチラシをご覧いただき、こちらのお問い合わせフォームから、ご住所、お名前、メールアドレス、電話番号、参加人数を明記のうえご連絡ください。

追って、振込先をご連絡します。

皆さんのご参加をお待ちしています。

解決支援コンサルタント行政書士阿部隆昭

 

 

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top