どこで構えてる?人物写真、プロフィール写真で僕が心がけているたった一つのこと|行政書士阿部総合事務所

July 27, 2018
1509 views
約 3 分

行政書士あべせんせーチャンネル

行政書士阿部総合事務所公式YouTubeチャンネルです。 補助金情報、創業支援などの情報提供

ウエストアングルで構えよう。

考えてみて欲しい。

機械相手に自然な笑顔を作ることができるだろうか?

カメラに向かって、笑顔なんて普通は作れないはず。

 

だけれども、ウエストアングルに構えれば、視線の先はカメラマンのお顔。

顔と顔が見合っているのだから、無機質な機械(カメラ)を相手にするよりは笑顔になれるでしょう。

カメラマンとの関係性が良好であれば、自然な笑顔にもなれるでしょう。

プロフィール写真が苦手

自然な笑顔が苦手

という方の多くは、普段の自分が出せていないだけ。

 

そりゃそうでしょう。

白バックに立たされて、目の前には大型のデジタルカメラのファインダーを覗いたカメラマン。

笑って

自然な笑顔で

そりゃ出来ないって。

笑えない自分

自然な笑顔が作れない自分

に嫌気がさしてくるともっとダメになる。

プロフィール写真、苦手。

という誤った自己認識に繋がってしまうのはとても不幸。

 

そんな気持ちにさせないためには、撮影する側はウエストアングルで構えよう!

ファインダーも覗かない

液晶画面も見ない

そんなのでいい写真が撮れるの?

 

もちろん撮れます。

ウエストアングルだからこそ、素敵写真が撮れます。

 

ただし、少しだけ練習が必要。

簡単です。

ファインダーを見ずに、液晶画面も見ずに、どの範囲の画像が切り取れるかの練習。

とても簡単ですよ。

範囲を頭の中に入れておくだけですから。

慣れてくると、ファインダーも液晶画面も頼りにしなくても大丈夫になる。

狙った画角で撮れるようになるとカメラはグンっと楽しくなる。

 

ウエストアングルで構えると、もう、目の前にいる人はカメラマンではない。

カメラマンではないから、笑顔を「作る」必要がそもそもない。

作った笑顔なんて、自然じゃないに決まっている。

だって、作っているのだから。

 

写真撮影する側は、その人のコミュニケーションを楽しみながら、一方で、頭の中で構図を意識しながらシャッターボタンを押すだけ。

実に簡単

試してみてほしい

解決支援コンサルタント野獣系行政書士阿部隆昭

 

About The Author

行政書士行政書士阿部隆昭
創業支援と資金調達に強い東京都北区赤羽の行政書士阿部隆昭。
事業計画書作成支援、創業融資申請サポート、補助金助成金申請、契約書作成、ビザ申請など、中小企業支援業務をメインに業務を行なっています。
業務経験20年の知見をフル活用し、クライアント様の事業運営をサポートします。