Read Article

行政書士あべせんせーチャンネル

「この交流会に参加して良かった」と言うために。交流会参加のベネフィット|行政書士阿部総合事務所

コロナ禍でビジネス交流会の開催風景もだいぶ様変わりしているようです。

リアル開催が当たり前だった日常から、ZOOMなどのweb開催へ。

リアル開催、ZOOM開催、それぞれメリットとデメリットがあります。

顔を付き合わせたほうが交流が密になる。

ZOOMは時間の制約から解放される。

そもそも交流会に参加するときは、なんらかのベネフィット、価値を期待しますよね。

人脈が欲しい。

案件がすぐに欲しい。

一緒にスキルを高められる仲間が欲しい。

 

全部が高いレベルで実現できればいいのですが、なかなかそうもいきません。

ですので、その事業者が何を必須とするかを明確にする必要があります。

 

事業者自身の期待値を明確にする。

 

ここをハッキリとしてから交流会に参加することは、交流会主催者側も参加者側も双方が幸せになります。

 

交流会主催側とすると、参加希望者の最大公約数に寄せるのもの一つの方法。

ですが、参加者全員を満足させることは、同時に、参加者全員を満足させないことでもあります。

 

ビジネス交流会の形も”新しい日常”に合わせて様変わりする時ですが、何を期待して参加するのかを明確にすることで、後悔を避けられます。

行政書士阿部隆昭

 

 

 

 

 

Return Top