解決支援コンサルタント/行政書士阿部総合事務所

インド料理店のカレーはインド人ではなくネパール人が作っている?!|行政書士阿部総合事務所

日本人が作るのは日本料理

イタリア人が作るのはイタリア料理

フランス人が作るのはフランス料理

ネパール人が作るのはネパール料理

ではなく、

ネパール人の方々は、カレーで入国される方が多いようです。

シェフやコックは、在留資格でいいますと、「技能」というビザで入国します。

平成27年度の入国管理局のデータでは、「技能ビザ」での入国者数は、平成21年以降増減を繰り返しており,26年は25年と比べ330人(16.3%)増加の2,360人。

平成26年における「技能」の在留資格による新規入国者数を国籍・地域別に見ると,

ネパール927人(39.3%)

インド317人(13.4%)

中国311人(13.2%)

タイ171人(7.2%)

 

4か国の「技能ビザ」で全体の73.1%を占めているのです!

もちろん「技能ビザ」は飲食業に関連するものだけはないのですが、ボリュームでいえば圧倒的にコックさんが多いですね。

しかも。

中国料理では中国人、タイ料理ではタイ人が入国されるケースが多いのですが、インド料理ではインド人とネパール人が技能ビザで入国します。

日本のインド料理店でインド人を見かけることがあまりなく、カレーを作っているのはほとんどネパール人という地域もあるでしょう。

皆さんのお近くのカレー屋さんに行ったとき、コックさんの国籍を尋ねてみてもよいですね。

800px-gyanendra_01

簡単なことですが、

カレーなどのインド料理を作っているのはインド人ではなく、ネパール人だと知ることも立派な国際交流です。

行政書士阿部総合事務所 行政書士阿部隆昭

 

 

第34回 インド料理店登録件数No.1は東京都【全国ランキング】第34回 インド料理店登録件数No.1は東京都【全国ランキング】

 

タイ国政府貿易センタータイ国政府貿易センター

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top