資金調達と外国人雇用に強い行政書士阿部総合事務所

認定経営革新等支援機関(中小企業庁)

大丈夫?!ビザの噂や口コミには気をつけて!、ビザの知識と実務をアップデート|行政書士阿部総合事務所

December 9, 2016
2601 views
約 3 分

img_0138

東京入国管理局の審査官を講師に招いて開催された東京都行政書士会主催の入管実務研修会に参加してきました!

目的はビザ関連の知識と実務のアップデート。集まった先生方は400人! 募集開始とほぼ同時に定員に達したらしく、関心の高さがうかがえますね。静岡会からいらした方もいたそうです。

テーマは、以下の4つです。

・「経営管理ビザの基準省令該当性について」
・「専門士の「技術・人文知識・国際業務」の職務関連性について」
・「日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者(告示外)への在留資格変更及び在留期間更新の審査上のポイント」
・「永住許可要件について、社会保険、国民健康保険、年金加入等に係る最近の審査状況、その他永住申請の注意点」

その他、私たち参加行政書士から事前に提出した質問への回答も含めて3時間の研修です。

詳しい内容は書くことは出来ませんが、入国審査の一部を垣間見ることが出来たので参加は有益でした。

 

雑談として話されたことを一つだけ書きますと。

外国人の方々が持っているウワサや口コミについて、私たち行政書士が”それは違います”としっかりと指摘をして欲しいといったことも仰っていました。要請、ということでもないのですが、過去の法改正時にウワサや口コミが拡がったことによってある分野のビザ申請が増えてしまったりといった状況があったようです。

私もこのブログで何度かお伝えしたように、外国人の方々が持っているビザの知識はほとんど全て経験に基づくもの。

ですので、再現性がありません。Aさんのときに許可が下りた方法と同じ方法をやったところでBさんの許可が下りる可能性はありません。また、Cさんが6か月の在留期間だったからといって、まったく同じ状況にみえるDさんのときも6か月になるかといえばそうではないのです。

先日、日本語学校にお招きいただき経営者仲間と一緒に「就活セミナー」を行った際にも同じことを申し上げました。日本語学校の先生方もしっかりとした知識と経験を持っていらっしゃるので、外国人の仲間に聞かないで先生に聴いて欲しいと。

外国人の方々に言っておきたいのは、くれぐれもウワサや口コミをあてにしないということです。

質問、疑問、その他ビザで分からないことがあればご相談くださいね!

行政書士阿部総合事務所 行政書士阿部隆昭(050-3638-0876)

About The Author

行政書士行政書士阿部隆昭
創業支援と資金調達に強い東京都北区赤羽の行政書士阿部隆昭。
事業計画書作成支援、創業融資申請サポート、補助金助成金申請、契約書作成、ビザ申請など、中小企業支援業務をメインに業務を行なっています。
業務経験20年の知見をフル活用し、クライアント様の事業運営をサポートします。