「前はこれで許可された」が一切通じないのがビザ申請の世界|行政書士阿部総合事務所

February 4, 2019
889 views
約 2 分

行政書士あべせんせーチャンネル

行政書士阿部総合事務所公式YouTubeチャンネルです。 補助金情報、創業支援などの情報提供

「前はこれで通った」

「うちにいる外国人はこれで通っている」

「自分はこれで許可された」

 

といった、”前はこうだった”というのがビザ申請では一切通じない。

 

ビザ申請人の外国人からも言われることが多いし、事業者様から言われることもある。

 

そもそも、その外国人の着目して在留を許可するかどうかを審査する手続きなのだから、別人の前例が参考になるわけがない。

 

ただ、参考にしたいという気持ちも分かるんですよね。

他に判断材料がないし、何としても在留が許可されたいのが普通だから。

 

専門家にビザ申請業務を依頼する際にも別人の事例を持ち出すのは全く意味ないので止めておいた方がいいですね。

行政書士阿部隆昭

 

 

About The Author

行政書士行政書士阿部隆昭
創業支援と資金調達に強い東京都北区赤羽の行政書士阿部隆昭。
事業計画書作成支援、創業融資申請サポート、補助金助成金申請、契約書作成、ビザ申請など、中小企業支援業務をメインに業務を行なっています。
業務経験20年の知見をフル活用し、クライアント様の事業運営をサポートします。