外国人雇用と資金調達に強い行政書士阿部総合事務所

【入管法改正】悪質プローカーと提携している職業紹介業者の許可取消報道の実効性

入管法改正に関連するニュース

特定技能ビザ新設がらみの報道はこれから増えてきますね。

関連業界でも動向は気になるところでしょう。

海外の悪質プローカーと提携している国内の職業紹介業者を締め出す方針だという。

新法では、新制度の許可業者にあたる監理団体を許可制とし、海外の悪質プローカーと提携している場合は許可が取消されるという。

疑問。

悪質プローカーが、判明されるような方法で「提携」などするのだろうか?

実質的な提携はもちろんするだろうけれども、判明すれば取消対象となるような「提携」はしないだろうな。

「厚労省は、外国人労働者からの相談や職業紹介業者の定期調査などにより悪質プローカーと提携した国内業者を特定する方針」とのこと。

果たして。

外国人本人が国に相談するだろうか?

業者を定期的に訪問して判明する程度の提携をするのだろうか?

しないよなぁ、どちらも。

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は1時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876