「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

忘れてませんか?【外国人社員雇用Q&A】外国人を雇ったときに必要な届出|行政書士阿部総合事務所

外国人社員を雇ったときには、厚生労働大臣への届出が必要になります。

事業者については例外がありませんのですべての事業者が対象になります。

さらに、外国人社員を雇った場合だけではなく、外国人社員が離職した場合にも同様に届出が必要になるのです。

 

4ca7a6463a931cf5ec0346ad9edbad81_s

顧問税理士に言ってあるから大丈夫?!

外国人社員を雇用した事業主に専門家がついていれば届出義務のアドバイスをしてもらえることもあるのですが、知らないうちに届出義務違反になっている事業者もあるので注意してください。顧問税理士が知っているから大丈夫だと思った、という経営者も過去にいらっしゃいましたが、行政書士もそうですが税理士のすべてが外国人雇用関係に精通しているわけではないのです。

 

外国人社員を雇ったり退職したときの届出(外国人雇用状況の届出)をしないとどうなるの?

届出を怠ると、30万円以下の罰金が科されるので注意してください。また、罰金刑に処されるから届出をするのではなく、雇用状況を把握することは国の入国管理政策上必要な制度ですのでぜひとも協力したいところです。

 

外国人を雇ったら誰でも届出が必要なの?

外国人社員の中でも、特別永住者と在留資格「外交」・「公用」で就労している外国人だけは届出が不要とされています。

 

厚生労働大臣の届出って?!

厚生労働大臣への届出と言ってもですね、厚生労働大臣宛に報告書を書くわけではありません。事業所の最寄りのハローワークに書面で届け出る方法が最も利用されています。今ではもっともっと便利に制度化されていてインターネットによる届出制度もあります。

届出様式について |厚生労働省届出様式について |厚生労働省

 

外国人雇用状況届出 - ログイン外国人雇用状況届出 – ログイン

以上のように、外国人社員の雇用、離職の際にはハローワークへの届出が必要になる、ということだけは覚えておきましょう。そして分からないことがあったときにもハローワークへ相談してください。

その他、外国人社員の雇用に関する手続きについては当事務所でも承ることが出来ます。

相談はすぐに回答できる電話が便利です!

行政書士阿部総合事務所 行政書士阿部隆昭 直通電話050-3638-0876

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top