資金調達と外国人雇用に強い行政書士阿部総合事務所

認定経営革新等支援機関(中小企業庁)

新設された「デジタルノマド」という在留資格|行政書士阿部総合事務所

April 5, 2024
110 views
約 2 分

行政書士阿部総合事務所では、外国人受入先企業様からのご依頼の場合にのみ外国人雇用支援業務(在留資格取得、変更、更新等)の支援を行っています。

外国人のビザ(在留資格)は、そうそう新設されるものでもないのですが、今回登場した在留資格には驚きました。

https://www.moj.go.jp/isa/applications/status/designatedactivities10_00001.html

様々な要件はありますが、簡単にいえば外国企業等の従業員が国内でリモートワークに充実する場合において、6月(6ヶ月)内であれば、その外国人・配偶者・子が在留できるとのこと。

単なるリモートということではなく、WEBサイトにも書かれているようにITソフトウェア開発などはイメージしやすいですね。

社会情勢等に基づいてこのような在留資格を新しく設けるのだと考えられますが、現実問題としてこの類の業務に従事する場合に適当な在留資格がないので、特定活動の範囲内で認めたというところが実情でしょう。

また、外国人の対象国・地域が限定されているようですが、弊所のご支援先に多い「ベトナム」は現時点で対象外なのが残念なところです。

行政書士阿部隆昭

About The Author

行政書士行政書士阿部隆昭
創業支援と資金調達に強い東京都北区赤羽の行政書士阿部隆昭。
事業計画書作成支援、創業融資申請サポート、補助金助成金申請、契約書作成、ビザ申請など、中小企業支援業務をメインに業務を行なっています。
業務経験20年の知見をフル活用し、クライアント様の事業運営をサポートします。