「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

人は売り込まれるのが嫌い|行政書士阿部総合事務所

例えば、液晶テレビを買おうと思ってカメラ量販店を見てまわっているとき。

「いらっしゃいませ、どのようなテレビをお探しでしょうか?」

よく言われますよね?

 

「そんなの自分で調べて探すから放っといてくれよ」

と思う人も多いでしょう。

 

自分もそう思います。

都内のデパートで勤務した経験もあるからわかるのですが、この「いらっしゃいませ」が売り込み文句になっているから敬遠される。

 

店員さん側からすると、ようこそ当店にいらっしゃいました、という気持ちがあったとしても、すでに文字列として売り込みとして認知されてしまうのです。

なので私は、いらっしゃいませ、は言いませんでした。

先輩方の手前、いらっしゃいませ、は声として発しましたが、お客さんに聞こえないようにです。

 

お客さんとしては、いらっしゃいませ、と言われることを期待していないんですね。

 

ありがとう、は違いますよ。

 

いらっしゃいませ、を言わなくてもクレームになることはありませんが、

ありがとうございました、を言わない場合にはクレームになります。

 

つまり、いらっしゃいませ、は有害、言わなくていいんです。

 

なにが言いたいのかというと、あなたのビジネスで「売り込み」と思われる文句を自然と吐いていませんか?、ということ。

売り込みと思われた途端、お客さんの気持ちは一瞬で購買意欲を失います。

気をつけたいですね。

解決支援コンサルタント野獣系行政書士阿部隆昭

 

 

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top