Read Article

「明るく元気に前向きに」は正しいのか?|行政書士阿部総合事務所

私が最初に就職した百貨店の店長が全体朝礼でいつも言っていて。

「明るく元気に前向き」

当時は、まあそりゃそうだろうけどね、なんだそれ、とか思っていたのですが。

 

これって意外と真理ではなかろうとかと感じている。

 

ある事象に対峙しなければならないときに、

「暗く塞ぎ込んで後ろ向きに」

考えれば物事が好転するのであれば、その選択肢もある。

だけれども、およそその可能性は一ミリもない。

 

「暗く塞ぎ込んで後ろ向き」

「明るく元気に前向き」

の二択ならば、それは後者を採るべきだろう。

 

前者で好転する可能性がゼロであり、かつ、後者の場合には好転する可能性が実は青天井だからだ。

 

明るい人のところには人が集まってくる。

元気な人のそばに居れば、その人までなんとなく元気になれる。

前向きな考え方の人には可能性を感じることできる。

 

明るく元気に前向き、な人には可能性しか感じない。

強制的に歯車を好転させるチカラになる。

 

だから物事が100%好転するかといえばもちろんそうではないのですが、その可能性がある、というだけで全く異なる。

 

要するに、アンコントローラブルな事態に遭遇したときの態様、ということになるのだけど。

反射として、「暗く塞ぎ込んで後ろ向き」になることもあるけれど、そこは人、意識でどうとでもなる。

 

明るく元気に前向きに

今日も生き抜こう。

行政書士阿部隆昭

 

 

 

Return Top