Read Article

行政書士あべせんせーチャンネル

アブローラー (膝コロ)が完成したキッカケになった動画「成功者の絶対条件」エリックトーマスがなぜ心を動かすのか|行政書士阿部総合事務所

コロナ禍の外出自粛をキッカケとして始めたワークアウト。

たった一つのギフトである身体と脳の健康維持が大切だと気付かされました。

購入したのは2020年5月29日

全く出来ないのはもちろん。

腹筋が辛い、というよりも、痛い!

これはずっと出来るようにならないんじゃないか、と思いましたし、この腹筋ローラー(アブローラー )は良くないトレーニング器具なんじゃないかと。

 

今では、理解できます。

腹筋ローラーが出来ないのは、体重が重い、そして筋力がない

出来るわけがないです。

YouTubeで公開されている「アブローラー のやり方」動画を何度も観たし、ノウハウ的なものは理解出来たのですが、そもそもそういう問題じゃない。

減量し、筋力を上げない限りは、立ちコロはおろか、膝コロも出来ない。

 

今日、やっと膝コロが完成しました。

 

そのキッカケになった動画がこれです。

成功の絶対条件 || エリック・トーマス

 

デスクワークの最中は、YouTube動画を流しっぱなしにしていることが多い。

レコメンドで流れてきたのが、このエリックトーマスの「成功の絶対条件」

 

冒頭、「あなたのように成功したい」と先生に尋ねた若者が、先生に言われるまま海に向かって歩みを進めるストーリー

何が始まったのかと思うのですが、この例え話が、この「成功の絶対条件」の内容のキモ

水の中に頭を押さえ込まれ、ゼーゼーと水面に顔を出したとき、

「息をしたいほど必死に成功を求めたとき、君は成功する」

と先生がいいます。

開業当時、それこそ寝食を忘れて仕事に取り組んだ時期があった。

動画の中で言うように、

「成功よりも睡眠を優先してるだろ?成功したいならそれすら犠牲にしなきゃダメだ」

と思いながら取り組んだ。

登壇した創業スクールでは、受講生から「どうしたら時間を作れますか?」の質問にも、「寝る時間を削るしかない」と答えた。

今では、成長ホルモンが分泌され、翌日のパフォーマンスにも影響するので、良質な睡眠時間を確保するようにしている。

が、当時は、「寝なきゃ出来るな」と思って、無理めな仕事も受け続けた。

 

 

なぜ手元にあるアブローラー を始めたのかといっても理由はわからない。

身体を動かすことが習慣になっているので、単にやってみたかっただけだと思う。

結果、出来た。

今まで腹筋部分を床面に押し付けるほど平らにするのがなんとなく怖くて最後の最後まで出来なったのだが、出来た。

 

 

根性とか、とにかく頑張れ系の内容は否定されがちな時代だと思っているけれども、「根性」、「負けない力」、「上等だよ、やってやろうじゃないかという気概」は成功への必須要件だと思っている。

アブローラー が出来たから、それがどうしたとは自分では全く思っていないし、人がどう思っても関係ない。

自分の中に眠れる何かを叩き起こすには素晴らしい内容の動画。

ぜひ観て欲しい。

行政書士阿部隆昭

 

 

 

 

 

 

 

 

Return Top