「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

人前で緊張せずに話すためのたった一つの方法|行政書士阿部総合事務所

 

目の前にいる人は全部カボチャだと思え!

そう私たちは教わってきました。

人間は私一人、あとはカボチャ。

だから緊張する訳がない。

 

先日、東京都北区の主催で講演をさせて頂きました。

テーマは遺言書について。

得意分野であるとはいえ、大きなホールで60人もの人を目の前にお話するのは緊張するかなと思っていました。

 

ところが、始まってみると全く緊張感は私にはやって来なかったのです。

なぜか?

 

 

小学校の校長先生は朝礼のときに緊張しているとは、とても思えない。

自由にゆったりと子どもたちを諭すように穏やかに話しかける。

でも、親御さんを前にするときには少しだけトーンが変わるような気がする。

どうしてだろう?

 

 

 

自分が相手にどう思われているか?

これを気にすると途端に緊張感に包まれることになる。

60人全員から自分への評価がされているとなると、それは緊張する。

ちょっとした動きや言葉使いにも神経質になるだろうし、心の平穏など保っていられるわけがない。

 

 

「自分が相手にどう思われているか?」

「自分が相手に何を伝えたいのか?」

 

この二つの『心のバランス』は合わせて100%になるようになっています、おそらく。

「どう思われているか?」 80%

「何を伝えたいのか?」 50%、はありえない。

 

「どう思われているか?」80%であるなら、「何を伝えたいのか?」は20%に減じているはず。

「自分がどう思われているか」が100%になってしまったとき、緊張感が最大となり、同時に相手に伝えないことも何一つ伝えられないことになる。

 

 

 

校長先生は、全力で子どもたちにお話しを聞いて欲しいと思って話す。

子どもたちからどう思われているだろう?!、なんてことを思いながら話しているわけがない。

「相手に何を伝えたいのか?」が100%の状態になっているはず。

 

でも、親御さんを目の前にするときは、多少、「見られている」感はあるかもしれません。

この時は、「どう思われているか?」が20%ぐらいになり、同時に「何を伝えたいのか?」が80%ぐらいになっている。

だから、子どもたちの前で話すのとはちょっとだけ違ったトーンになる。

 

 

 

私がなぜ緊張しなかったのか?

これらを考えたときに答えがハッキリと見えました。

 

そう、「自分が相手に何を伝えたいのか?」が100%になっていた。

心のバランスとして、「自分が相手にどう思われているか?」が0%。

緊張感が入り込む余地がなかった。

だから、自分は参加者のほうだけを向いていた。

 

 

講演時間は19時から21時までの二時間。

参加者にとっての貴重な二時間を頂くわけです。

本人にとってためになる話、家族の幸せにとって大切な知識、二時間で目一杯持って帰ってもらいたい。

それしか考えていませんでした。

だから全く緊張することがなかった。

 

 

 

目の前の人をカボチャだと思え。

正しいとは思えないけど、考えようによっては間違ってはいない。

目の前のカボチャには何を伝えようとも思えない、という点では正しいと思えない。

目の前にいるのは人間でさえないのだから、どうも思われていない、という点では間違っていない。

 

 

人前で緊張せずに話すためのたった一つの方法

 

それは

 

自分が相手に何を伝えたいのか?の気持ちを100%にすること

 

これしかありません。

100%になったとき、同時に緊張感も消えているはずです。

なぜなら、緊張感を生み出す要素である「自分が相手からどう思われているか?」が0%になっているから。

 

 

プレゼンでも、面接でも、自己紹介でもそう。

独り言ではない限り、人が言葉を発するときには対象となる人間が必ずいる。

取引先、面接官、他の参加者。

 

「自分が相手に何を伝えたいのか?」を100%の状態にしていれば、

プレゼンの時間も

面接の時間も

自己紹介の時間も

気がついたら終わっているはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は1時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top