Read Article

行政書士あべせんせーチャンネル

気づいたらもう15年でした。|行政書士阿部総合事務所

 

朝一のzoomミーティングを終え、普通にお仕事をしていたのですが、”今日って何かの日だったような気がする”と思ったら、母親の15回目の命日でした。

「そのほうがビールの味がする」ということで、少し緩いビールが好きでした。

黒ラベルかキリンラガーをよく飲んでいましたねえ。

懐かしい。

いつものことですが、持っていったビールが減ることはないので、この場所に一献やりにいくと二缶分を私が飲むことになります笑

まあ、しょうがないですね、実体がないようですから。

 

想い出すのは、”あのとき、こうしていればよかったなあ”ということばかり。

不思議ですね。

 

こういったサービスが有ればいいなあと思ったのは、墓前で故人の声が聴けるサービス。

思ったんですよね、久しぶりに声が聴きたいなあ、と。

いつも変わらない録音データで良いので、墓前に立つとセンサーが働いて10秒ぐらいの音声データが流れる。

これはいいサービスかなと思ったのですが、難しいのは、お墓が隣接しているところでは、前を通るたびに他の人たちの音声データが流れまくってしまうこと。

これを解決するためには、物理的なスイッチの方が適していますね。

あとは、お墓は雨ざらし吹きさらしの状態なので、それに耐えられる仕様が求められます。

バッテリーは交換は難しいでしょうから、小型のソーラーバッテリーを組み込めば解決です。

オプションの費用もそれほど高額にはならないでしょう。

需要はあると思いますが、それに見合ったサービスを提供し、回収できるかですね。

 

と、仕事柄、墓前でも考えてしまいます笑

 

ともあれ、15回目の命日は一人でしっとりと過ごしました。

行政書士阿部隆昭

 

 

 

 

 

Return Top