解決支援コンサルタント/行政書士阿部総合事務所

遺贈を受けた大分県が六本木ヒルズの一室を売却へ|行政書士阿部総合事務所

六本木ヒルズ一室 「盲学校に」男性遺言、大分県が入札へ

六本木ヒルズ一室:「盲学校に」男性遺言、大分県が入札へ - 毎日新聞六本木ヒルズ一室:「盲学校に」男性遺言、大分県が入札へ – 毎日新聞

 

 

大分県立盲学校(大分市)の元校長の孫が「盲学校のために役立ててほしい」と遺言して、東京都港区・六本木ヒルズの高級マンションの一室を県に寄贈した。県教育委員会は最低売却価格を1億4078万円に設定し、26日に一般競争入札を実施する。遺言の趣旨に沿って売却金を活用する方針だ。

 

盲学校の元校長のお孫さんが県に不動産を寄贈したケースです。

遺言の内容として、不動産をお金に換えて、そのお金を県に寄贈するのではないですね。

不動産を寄贈されたのは大分県。

ヒルズのマンションを寄贈されても使い道がないので、お金に換えて盲学校に役立てようということです。

寄贈されたのは「六本木ヒルズレジデンスB棟」19階の1区画75・44平方メートル。県教委によると、所有していたのは戦時中などに県立盲学校の2代目校長を務めた故・森清克さんの孫の男性で、2014年3月ごろに当時50代で亡くなり、約2カ月後に発見された。部屋を寄贈する趣旨の遺言があったが、男性自身と県や盲学校との関わりは不明だという。

 

死後、二ヶ月後に発見されたということなので、身寄りがなかったのかもしれません。

なので、遺言の内容として遺言執行者も選任されていない可能性も高いです。

遺言執行者が選任されていれば、遺言執行者が不動産を換価して受贈者である県にお金を差し上げるといった手続になります。

今回の場合には、遺言書を発見したどなたが手続をレールに乗せてくれたから良かったと思います。

どのような形であれ、遺言書の最後の意思は実現されようとしているので。

 

 

県教委教育財務課は「売却できたら盲学校を中心に使い道を考える。額が大きいので、何度かに分けて使わせてもらうことになるかもしれない」と話す。入札参加の申し込みは17日までで、8日に現地説明会がある。

 

現在売出し中の物件に同じタイプのお部屋がないのですが、過去のデータをみると六本木ヒルズレジデンスB棟は坪単価800万円に届かない程度だと思われます。

最低売却価格が1億4078万円に設定されているとのことですし、インターネットのニュースに掲載されているので多くの入札があることでしょう。

今回の場合は、売却代金は県に入るので公共の利益にもなります。

 

現地説明会の申込期限が迫っておりますので興味がある方はお早めにどうぞ。

 

日   時:平成28年2月8日(月)午前10時~午後12時

集合場所:六本木ヒルズレジデンスB棟エントランス(上記時間内にお越しください。)

※現地説明会への参加には事前申込みが必要です。「現地説明会参加申込書 [PDFファイル/79KB]」に必要事項を記入のうえ、平成28年2月5日(金)午後5時までにお申し込みください。

 

 

県有地売却のご案内(六本木ヒルズレジデンスB棟1905室) (平成28年1月25日(月)更新)

県有地売却のご案内(六本木ヒルズレジデンスB棟1905室) (平成28年1月25日(月)更新) - 大分県ホームページ県有地売却のご案内(六本木ヒルズレジデンスB棟1905室) (平成28年1月25日(月)更新) – 大分県ホームページ

 

 

 

【参考】

六本木ヒルズレジデンスB棟の中古売買市場価格の推移

https://www.ieshil.com/buildings/64373/

 

六本木ヒルズレジデンスB棟18階78.2㎡17,500万円【坪単価740万円】

http://mansion-madori.com/blog-entry-72.html

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top